ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidアプリのバックアップ・同期ツール「Carbon」のBeta 3が公開、非root端末にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ROM Manager開発者が作成したAndroidアプリのバックアップ・同期アプリ「Carbon」がbeta 3にアップデートされ、非root端末に対応しました。Carbonはインストール済みのAndroidアプリ本体とデータをSDカードとクラウドストレージにバックアップしてリストアすることや、他のCarbon導入済み端末との間でアプリ本体とデータを同期することができるアプリ。前回のBeta 2まではroot端末でしか利用できませんでしたが、最新のBeta 3から非root端末でも操作を実行できるなりました。非root端末でも利用できるようになりましたが、実際に使う場合は、Windowsパソコンに「Carbon Desktop」をインストールし、Android端末を一度パソコンに接続する必要があります(単に接続するだけで、パソコン上でバックアップ操作しないといけないというわけではありません)。

Beta 3のアップデート内容は、非root端末への対応のほか、バックアップ/リストアの進捗状況を通知パネルに表示する機能、Box.netへの対応なども機能追加も行われています。Androidアプリ(APKファイル)はこちら、Carbon Desktopはこちらからダウンロードできます。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
フェンリル、Android向けブラウザアプリ「Sleipnir Mobile for Android v2.7」をリリース、文字入力やコピペ不要でWEB検索できる新機能が便利
米Verizon、Droid RAZR Mの新色ピンクを発表、米国時間1月24日に発売
Samsung、5インチ大画面スマートフォン「Galaxy Grand」韓国版を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。