体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美輪明宏が2012年紅白で唄った『ヨイトマケの唄』と「放送禁止歌」の存在

美輪明宏が2012年紅白で唄った『ヨイトマケの唄』と「放送禁止歌」の存在

(2013年1月21日に公開された記事を再UPさせていただきました)
この記事は中杜カズサさんのブログ『空気を読まない中杜カズサ』からご寄稿いただきました。
※この記事は2013年01月01日に書かれたものです。

美輪明宏が2012年紅白で唄った『ヨイトマケの唄』と「放送禁止歌」の存在

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

美輪明宏『ヨイトマケの唄』

去年末に行われた紅白歌合戦において、美輪明宏氏『ヨイトマケの唄』が素晴らしいと話題になっています。

「【紅白】美輪明宏、一粒の涙「約束が果たせた」」 2013年01月01日 『Yahoo!ニュース』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130101-00000310-oric-ent

「紅白の美輪明宏の『ヨイトマケの唄』が素晴らしすぎた件」 2013年01月01日 『ゴールデンタイムズ』
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51758844.html

以下のは紅白以前のものから。




(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=KYJgKHfA5IE

さてこの歌、これだけインパクトを与える歌、しかも美輪明宏という有名人が唄っているものにもかかわらず知名度が低く、はじめて知ったという方も多いでしょう。実はそれには、この唄が辿ってきた複雑な歴史があります。

まず、『ヨイトマケの唄』の意味より。聴いて分かるとおり、貧乏な家で育った子供が、母ちゃんの仕事のことでいじめられつつもそのがんばる姿を見て立派に成長し、その母ちゃんの唄っていた『ヨイトマケの唄』のことを思い出すというものです。ちなみに「ヨイトマケ」とは(上でのリンクでも書いてありますが)、昔、土木作業の機械化が進んでおらず、労働者の力仕事で行われていた時代に、地固めをするために使われた、大勢で縦になった丸太の様なものを持ち上げて下ろすための道具及びそれを作業する労働者で、語源は「よいっと(縄を)巻け」から来ているなど諸説あるようです。更に転じて日雇い労働者そのものを指す言葉となっていたようです。美輪明宏氏は、若く、まだ丸山明宏として今の姿ではなく男性の姿で活動していた時代、自ら作詞、作曲して作られた曲ということです。

しかしこの唄は、テレビで唄われることがほとんど(全部、ではないです。後述)ありませんでした。というのはこの唄が「放送禁止歌」に指定されてしまったためです。

放送禁止歌とは何か

さて、「放送禁止歌」とは何か。これはあとからドキュメンタリーとしてつけられた名前であり、もともとは「要注意歌謡曲指定制度」という制度の中で指定され、放送が出来なかった歌に当たります。この要注意歌謡曲指定制度というのは、民放連が戦後定めたもので、歌詞に毀損、身障者、暴力、エロ・グロなどが含まれていた場合、民放がそろって3種類(放送しない=放送禁止、旋律は使用可能、該当表現削除で使用可能)の対応をすることを推奨するというものだったようです。これは法的拘束力も罰則もありませんでしたが、事実上の禁止制度として機能してしまっていました。

■参考:「要注意歌謡曲指定制度」 『Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/要注意歌謡曲指定制度

そして「ヨイトマケの唄」も、この制度に引っかかってしまったのです。おそらくそれは「ヨイトマケ」「土方」「ヤクザ」などが差別語に当たるとされたから、と言われています(ただし、民放連に加入していないNHKでは、何度か唄われたという話です)。

ですが、今回の紅白を聞かれた方には非常におかしな話に聞こえるでしょう。だってこれは、それら「ヨイトマケ」や「土方」で自分を支えてくれた母ちゃんを誇り、愛する歌であるのに、それが単語が差別語とされるものだからと指定されてしまったのですから(この「差別語」とされるものもいろいろと疑問があるのですが、長くなるのでまた別の日にエントリーを起こします)。しかし、事実としてこのような表現があったという理由で、放送が長い間されないものとなっていたのです。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会