ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オフシーズン物や思い出の品を全部預けてスッキリなお部屋! 月額200円から使える話題のレンタル収納

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


1月は新たな決意が多い季節。ダイエット、家計簿をつける、そしてお部屋をキレイに保つ。年末は仕事に加えて忘年会などが忙しく、大掃除が間に合わなかったという方も多いはず。いざ部屋を片付けはじめると、物が多すぎてストレス爆発。いらない物なら捨てられるけど、必要な物の場合は困りますよね。

筆者の場合、1年に数回しか使わない音楽フェス用のアイテム、たまる一方の映画のパンフレット、趣味で集めている映画のフィギュア(大量)など。人によっては、クリスマスツリー、結構かさばる浴衣セット、毎年増えるツアーグッズ、お子さんが作った絵や工作なんて物の収納に困っている人もいることでしょう。

自分の部屋にスペースがないなら、部屋の外にスペースを作ったらいいじゃない! とレンタルボックスやレンタルコンテナを思案するも「会員費を払って元が取れるかどうか」「預けた物をいざ使いたい時にすぐ出せるのか」「預けた物を自分で忘れちゃいそう」なんて不安を抱く人も多いはず。

物を簡単に預けて、手軽に出し入れしたい。そんな人の願いをかなえる為のサービスが寺田倉庫が提供する『minikura』。月額200円から使えて、入会費や年会費がかからずリーズナブル。TBSの人気情報番組『がっちりマンデー!!』で紹介されるなど、今大注目のサービスです。


『minikura』の特徴は「物を詰めて、送って、インターネット上で管理する」という画期的なシステム。


本やCDなど一品一品までの管理が必要なければ、月額200円の『minikura HAKO』。入れる物に応じて「通常キット」か「アパレルキット」を選び、物を詰めたら、ダンボール内のアイテムを自分で登録しておけば、中に何が入っているかが一目瞭然というわけ。今すぐは読み返さないけど、絶対に手放したくないコミックス全巻セットなどにはピッタリかも。


しかし、何と言っても画期的でオススメなのが月額250円の『minikura MONO』。ダンボールをスタッフが開封し、1点1点写真を撮影してくれるので、必要な時に必要なアイテムを選んで出庫することができます。

写真で管理できるから「今度の結婚式用にあのワンピースを出そう」「模様替えしたらしまっておいた絵を飾りたくなった」など、出し入れが自由自在。部屋以外の場所に預けているのに、物との距離を感じさせない安心感も良いですね。


さらに、お洋服を預けたい方には「クリーニングパック」という便利なオプションも。最大10点まで(スーツは上下で2点とカウント)のクリーニング料と6か月の保管料がセットになって9000円というお得なパックで、クローゼットをスッキリすることができます。

『minikura HAKO』なら1年間使って1箱2400円。『minikura MONO』なら1箱3000円。クリーニングパックなら、1点あたり900円で保管とクリーニングもしてもらえるという、どのプランもリーズナブルさが魅力的。これでお部屋がスッキリするなら、とってもお得だと思いません?

これらの申し込みは、いつでも『minikura』の公式サイトより可能。筆者も今整理整頓に燃えているので、上手にサービスを活用して“美部屋”を目指したいと思います!

minikura
http://minikura.com/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP