ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝説のMSX風フリーゲーム『LA-MULANA』 コミュニティの支持により『Steam』での配信が決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ゲーム制作集団NIGOROが2006年にリリースしたパソコン(PC)用フリーゲーム『LA-MULANA』。昨年にはWiiウェア版がリリースされ、その後PC版がインディーズゲームの配信プラットフォーム『PLAYISM』で配信されていましたが、こちらがいよいよ世界最大のPCゲーム配信プラットフォーム『Steam』で配信されることが決定しました。

『Steam』での配信は、『Steam』のユーザーコミュニティ『Steam Greenlight』でのユーザー投票により決定。PC版のパブリッシャーとなるPLAYISMが昨年8月末に登録し、投票を募っていました。

PLAYISMのブログでは本日付けで「La-Mulana GreenLight突破!」というエントリーが公開、次のように感謝を表明しています。

今回のGreenLight成功は、La-Mulanaファンの皆様、そしてLa-Mulanaを開発されたアスタリズム社、そのゲーム開発部門NIGORO様の努力と工夫と、何の後ろ盾もない我々PLAYISMへのあたたかな信頼とご支援によるものです。また、何より、作品が素晴らしいということに尽きます。心より感謝いたします。

『LA-MULANA』は、巨大遺跡ラ・ムラーナを舞台に“生命の秘宝”を求めて探索する2Dアクションゲーム。遺跡の中には侵入者を拒むトラップが仕掛けられ、モンスターが徘徊。隠された謎を解き、モンスターを倒して遺跡の深部を目指すゲーム内容は、80年代レトロゲーム同様の遊びごたえが評価されてきました。PC版ではWiiウェア版で有料配信されたダウンロードコンテンツ『LA-MULANA 地獄』がセットになっているほか、MODに対応し、ユーザーが自作ステージを追加したりグラフィックや音楽が変更できるようになっています。

『Steam』での配信時期については「『Steam』の仕様がわからないと配信時期が見えないのですが、早く出したいと思っています」(アスタリズムの仲村尚史氏)とのこと。『Steam』では国産インディーズゲーム『洞窟物語』のPC版『Cave Story+』が配信されていますが、『Steam Greenlight』から国産ゲームの配信が決定するのは初のケースとなります。日本のインディーズゲームがユーザーの支持で世界デビューするという快挙。続報を楽しみに待ちましょう。

Fourth Set of Titles Greenlit(Steam Greenlight)
http://steamcommunity.com/games/765/announcements/detail/1299553919805694474

※画像は『LA-MULANA』公式サイトとPLAYISMブログから引用
『LA-MULANA』公式サイト
http://la-mulana.com/jp/[リンク]

La-Mulana GreenLight突破!(ゲーム ダウンロード販売 PLAYISMブログ)
http://playism.blogspot.jp/2013/01/lamulanagreenlight.html[リンク]

カテゴリー : ゲーム タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP