ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オープニング・テーマが口ずさめない…… 漫画雑誌社を舞台にしたショートギャグアニメ『まんがーる!』 レビュー[5.8/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2013冬アニメクロスレビュー『まんがーる!』

編集未経験の女の子たち4人が、ゼロから漫画雑誌を立ち上げる奮闘コメディ!(ほぼ実話!?)
もし、漫画編集経験ゼロの女の子たちたちが、コミック雑誌を創刊したら?
『月刊コミックアース・スター』創刊時より連載されている人気コミックが、ついにTVアニメ化!
天真爛漫な“はな編集長”と女子編集部員たちのゆる〜い日常と、漫画業界のリアルな事情(?)の両方が詰まった『まんがーる!』。
これを見れば、コミック編集部の裏側がわかる…かも?

原作/アーススター・エンターテイメント
アニメーション制作/動画工房
監督/中西伸彰
声優/宮本佳那子、駒形友梨、尾高もえみ、大橋彩香ほか
1月2日よりスタート
TOKYO MX 毎週水曜日 深夜25時35分~
公式サイト:http://www.mangirl.jp/[リンク]

『ガジェット通信』冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

5.8/10点(レビュアー 4名)

鬼嶋 ピロ のレビュー

演出 6
脚本 6
作画 6
OP/ED 6 
疾走感 8 
-----
総合 6

漫画雑誌を作るアニメなのか?事前情報無いからわかんねwwストーリーが唐突な入りなのでまだまだ疑問が多いwとりあえずアイカツのヒロイン?がいるwww
短編アニメなのでテンポは良いっすなwギャグ作品として大事な部分ですww
なんですが、ちょっと展開早いので物語の背景がわからず若干モヤるのと、初見殺し的なネタ複線?なのか単語で笑わそうとしているのかはわかりませんが、それにしてはギャグがちょっとインパクトは弱めかなとw昨今のアニメを考えてみてももっとやっちゃって良いんじゃねーかなとww
メインの若手声優陣と同じく、今後の突き抜けに期待な感じでww

アニ二郎探検隊 のレビュー

演出 6
脚本 6
作画 5
OP/ED 6
編集に詳しくなるかもしれない度 10
-----
総合 6

5分アニメですが雑誌社が作るその雑誌社のメタアニメのようです。アース・スターというコミックのプロモーションという感じで漫画雑誌業界を舞台にしてその業界のネタをメインにやっていくようです。
ただ声優さんが若手なのか、なかなかとっつきにくい部分はありますし、もしこのアニメが失敗したら雑誌社はどうなるんだろうという余計な心配まで5分の間にしてしまうという一面もありました。うまくいきますように!!

srbn のレビュー

演出 5
脚本 4
作画 6
OP/ED 9
テンポ 8
-----
総合 6

オープニングやばい。漫画業界の裏側的な小話もありつつだけど、結局特に内容のないアニメ。漫画編集社を題材とした作品で一番描くべき創刊までの流れをバッサリ切るあたり狂気を感じますね。セリフの速度はほどほどの早さだけどテンポが非常によく、暇つぶしに持って来いなアニメだと思います。とにかくオープニングのインパクトがすごくて、口ずさみたくても正しく口ずさめない高度なリズム、メロディにもう虜です。

渋市 飛鳥のレビュー

演出 3
脚本 4
作画 6
OP / ED 6 
キャラクター 6 
-----
総合 5

物語が唐突で、ちょっと良く分からなかったです。ハチャメチャ系なのはそれはそれで全然OKなんですが、山なし落ちなし。
「短編アニメだからしょうがない」じゃ済まないと思います。キャラクターは可愛いし、せっかく新人の声優さん達を期用したのに、それもうまく活かせてないなぁ、と。脚本家誰だよ! って思ったら吉田玲子さん。他の作品に集中して気抜きました?

レビュアープロフィール

鬼嶋 ピロ

業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

アニ二郎探検隊

:アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

srbn

OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

渋市 飛鳥

作監や脚本よりまずは声優をチェックします。好きな声優が演じているアニメは地雷でも必ず最後まで視聴。スタジオの名前が書いてあっても出待ちはダメだぞ!

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP