体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

王力雄「炎の遺言――なぜチベット人は焼身するのか?」 前半

王力雄「炎の遺言――なぜチベット人は焼身するのか?」 前半

今回は中国、新興国の「今」をお伝えする海外ニュース&コラム『KINBRICKS NOW』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/282804をごらんください。

王力雄「炎の遺言――なぜチベット人は焼身するのか?」 前半

長すぎる前書き(1):チベットの最大の問題は情報

チベット人作家ウーセルの夫でもある中国人作家・王力雄が香港誌・陽光時務*1のチベット特集に焼身抗議に関する記事「炎の遺言―なぜチベット人は焼身するのか」を寄稿した。まず最初にこのコラムの立場について簡単に解説させていただきたい。なおサイト「チベットNOW@ルンタ」*2でtonbaniさんの解釈も掲載されている。

*1:「《陽光時務週刊》第35期《痛哉西藏》」 2012年12月13日 『陽光時務週刊』
http://www.isunaffairs.com/?p=12061

*2:「王力雄「炎の遺言――なぜチベット人は焼身するのか?」 前半」 2012年12月23日 『チベットNOW@ルンタ』
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51773905.html

記事はチベット人焼身者の遺言の内容を7つに分類して分析し、「絶望のために焼身したのではない」「国際社会に助けを求めているわけではない」との結果を導き出している。

この分析が打倒であるかを考える前に、抑えておくべき重要なポイントがある。私たちは「彼らがなぜ焼身したのか?」について確たる情報を持っていないという点だ。中国が現地の情報を封鎖しているため、ごくわずかな情報から類推するしかない。その結果、「絶望のあまり自殺するかのように焼身したのだ」「国際社会に訴えるためのパフォーマンスだ」「他のチベット人を勇気づけるためだ」などなど、さまざまな推測、憶測が飛び出す。

長すぎる前書き(2):チベットの人々を傷つける憶測

その中にはチベットの人々にとってある種耐えがたい情報も含まれている。例えば米国に亡命した中国体制批判で知られるジャーナリストの何清漣は「米大統領選前の焼身抗議はやめるべきだ。米国が外交的に動けず効果が薄い」とツイッターで発言し、ウーセルさんなどの論者の反発を受けた。何清漣はチベット人に対して悪意を持っていないであろうが、「焼身抗議は国際社会へのパフォーマンスであり、適切な時機を狙うよう起こすタイミングを変えられる」という発想は、「焼身抗議はダライ集団の扇動」と説く中国政府の立場にきわめて接近している。

同様に焼身者の絶望を強調する立場も、チベット人の立場からみれば素直に受け止められないこともあろう。チベットのために命をささげた英雄が、希望を失ったあまりに自殺したと解釈されては無理もない。そしてその解釈は「騙されて自殺した愚かなチベット人」として焼身者を描く、中国の公式見解にも接近している。

「なんで焼身するのかね……ひょっとしてこうなんじゃないの?」と何の気なしに私たちが推測すること、そのこと自体がチベット人を傷つけかねず、また中国共産党のプロパガンダとも接合する可能性がある。こうした問題に王力雄はきわめて鋭敏だ。

今回の記事ではチベットの”外部”の者たちの推測だけではなく、一部のチベット人が焼身が効果を持つと期待していることや、チベット亡命政府の硬直的な態度まで批判の範囲を広げている。

長すぎる前書き(3):王力雄の思考的アクロバット

王の考えを理解する上で、今年1月に本サイトで紹介した王力雄のコラム「焼身抗議以外に何ができるというのか?」*3が助けとなる。このコラムで王は焼身者を英雄として讃え、チベットに力を与えたと評価する。その上で力は十分にたまったので、もはや焼身する必要はない。その力を有効に活用するために村落自治に取り組むべきだと提言した。実現性には薄い提案ではあるが、チベットの人々の思いを受け止め、これ以上の焼身抗議を食い止め、そして今の問題を解決する道筋を見出すこと。そのすべてを成し遂げようとする、(破綻した)思考的アクロバットだった。

*3:「「焼身抗議以外に何ができるというのか?」チベット人には変革への希望が必要だ」 2012年01月16日 『KINBRICKS NOW』
http://kinbricksnow.com/archives/51768427.html

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。