ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリープハイプ、話題の新曲“社会の窓”を3月にシングル・リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

2012年4月のメジャー・デビュー以降、その勢いをさらに加速させている気鋭の4人組バンド、クリープハイプ。彼らが3月6日にニュー・シングル“社会の窓”をリリースすることがあきらかとなった。

メジャー2枚目のシングルとなるこの作品の表題曲は、昨年末に行われた東名阪ツアー〈アンコールはどうする?〉のアンコールで初披露され、来場したファンのあいだで話題を集めているナンバー。フロントマンの尾崎世界観による、自虐的とも取れるセンセーショナルな内容の歌詞やサビのメロディーが印象的な、バンドのいまの勢いを体現した楽曲になっているという。特に歌詞は、現代の日本の音楽シーンに一石を投じるような内容と伝えられており、その内容が気になるところだ。

パッケージは初回限定盤と通常盤の2タイプが登場。前者にはカップリング曲の“週刊誌”と“さっきの話”に加えてボーナス・トラックが収録されるほか、ドキュメンタリー・ミュージック・ムーヴィー(タイトル未定)と“社会の窓”のPVを収めたDVDが付属。さらに全国ツアーのチケット先行予約シリアルナンバーも封入される。ファンは早めに予約しておこう!

 

〈クリープハイプ “社会の窓”収録内容〉
【CD】
1. 社会の窓
2. 週刊誌
3. さっきの話
4. 初回限定盤ボーナス・トラック(後日発表)

【DVD】※初回限定盤のみ
1. ドキュメンタリー・ミュージック・ムービー(タイトル未定)
2. “社会の窓”PV

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP