ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年はあることが26年ぶり? ある凄い秘密とは……

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2013年はとあることが26年ぶりだったのだ。それに気づいた人が『2ちゃんねる』掲示板に書き込みちょっとした話題になっている。26年ぶりということは1987年以来となるが、何が26年ぶりだったのだろうか。

実は西暦の年号の数字が全て異なる数字になるのだ。西暦の年号が最後に全て異なる数字になったのは26年前の1987年、それ以降は1990年、2000年代に入り数字がタブる機会が多くなった。そして26年後の今年、ようやく全ての数字が異なる「2013」となったわけだ。

2013年以降は2014年、2015年、2016年……と全ての数字が異なる年が連続してしまい、2020年までダブることはない。2020年以降は2031年まで全ての数字が異なる年は来ない。こんなどうでも良いことだが、発見するとちょっと得した気分になってしまう。新年会社に行って自慢するなり、家族に自慢するなり『Twitter』で広めるなり自由にして欲しい。

初出の『2ちゃんねる』に書き込んだ人も相当暇だったんだろうなあ……。個人的にこういうの大好き。

1987 ←
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013 ←

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。