体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幻のケモノアニメ「セザールボーイの冒険」を観る

幻のケモノアニメ「セザールボーイの冒険」を観る
セザールボーイの冒険 ローマ帝国編(1999年作品・OVA)

「大いなるマンション、セザール!」っていうCM覚えてますかね、皆さん。不動産大手の株式会社セザールが放映していた、熊獣人が悪者を退治して囚われの美少女救ったりする謎のアニメCMで、記者(アラサー)がクソガキだった頃に、大量に流れていたものですが、近年は見かけませんね。何故でしょうね。

その人気キャラ、熊獣人のセザールボーイを主役に据えた、誰得アニメが本作です。以下、パッケージの惹句引用。

《時空犯罪者スカーキャットが、タイムマシンを悪用して地球の過去を変えてしまった!!時空捜査官セザールボーイは歴史を元に戻すため、未来からローマ時代に向かう。はたしてそこで待ち受けていたものとは?!そして、地球の歴史は元に戻るのか?壮大なローマ時代を舞台にセザールボーイが大活躍。豪華スタッフ、人気声優陣で贈る、ハラハラ、ドキドキのSF冒険アニメーション。》

まあ、要するに歴史改変モノSFということである。さっそくストーリーを追っていこう。

幻のケモノアニメ「セザールボーイの冒険」を観る

時はローマ時代。ライオン獣人の皇帝セザール(=カエサル/声・花田光)が、親友だったトラ獣人のブルーガス(声・水内清光)一派に襲われるシーンから始まります。史実どおりですね。

幻のケモノアニメ「セザールボーイの冒険」を観る

ところが、そこにいきなり光線銃が放たれ、哀れブルーガスは即死。

「キェ〜ッケッケッケッ、クゥィッヒッヒッヒッ!」←比較的忠実な文字起こし

銃の主、オオカミ獣人のスカーキャット(声・野沢那智)は高笑いをあげます。那智は明らかにノリノリで怪演をしてます。

幻のケモノアニメ「セザールボーイの冒険」を観る

場面は変わって未来。気合が入りまくった絵の宇宙ステーション司令室の中に、いきなりデブケモ熊獣人が入ってきます。我らがヒーロー、セザールボーイ(声・大川透)! 勇敢なタイムパトロールだ!

「事件ですか局長! 君、紅茶を頼む! ハチミツをたっぷり、ミルクはナシだ!」

座っていた可愛いメスケモの熊獣人に有無を言わさずお茶汲みを命じるセザールボーイ。一体、未来の獣人界のジェンダー意識はどうなっているのでしょうか。

幻のケモノアニメ「セザールボーイの冒険」を観る

時空監視局局長(声・内海賢二)は、過去の歴史がスカーキャットによって改変された結果、あと3日でこの世界が終わるなどと剣呑なことを言い始めます。具体的には、ナポレオンがアメリカ大陸を発見したという歴史になっていたりするようです。

そこで、セザールボーイとメスケモ熊獣人のカレン・グローリー(声・三石琴乃)を歴史改変の起点、古代ローマ時代に行ってスカーキャットを捕まえるように命じます。歴史に忠実に、皇帝を死なせるためにね。

セザールボーイ「こんな女の子がタイムパトロールだなんて……」

カレン「セザールボーイ、貴方は女性差別主義者ですか? 私はこれでも連邦大学で時空犯罪学を学んで……」

セザール「女の子には女の子らしい仕事が……」

カレン「それを女性差別と言うんです!」

正論だわ。私もこういうインテリ女は大好物ですからね。結婚して欲しいですね。

1 2 3次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。