体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

縦書き不要論

縦書き不要論

今回は及川卓也さんのブログ『Nothing ventured, nothing gained.』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/281467をごらんください。

縦書き不要論

縦書きの話をするので、先に言っておく。HTMLにおけるVertical Writing(縦書き)実現に向けて努力されている方々は良く存じており、彼らの努力には大変感謝している。私自身も多少は関わっている。なので、私自身、縦書きをWeb技術において実現しようとする努力を否定するものではまったくない。ただ、縦書きについては一歩退いて見てみても良いのではないかとも考えている。

もう2年も前になるが、「スキームを変える – メディア、ジャーナリズム、文化」*1という投稿の中で、私は次のように書いた。

*1:「スキームを変える – メディア、ジャーナリズム、文化」 2010年11月29日 『Nothing ventured, nothing gained.』
http://d.hatena.ne.jp/takoratta/20101129/1291048738

「活字文化を守るため」ということもよく聞く。私が言うことでもないのだが、文化は生き物だ。使われなくなり、愛されなくなったら、それは衰退していく。衰退していくのもまた文化だ。守りたいと思うのは自由だけれど、人の気持ちは変えられない。

縦書きも同じだ。「日本古来からある縦書き文化を守らなければいけない」などと言われるのをたまに聞くが、本当に必要ならば、「守る」などという言い方などする必要はない。

また、同じ投稿の中で、次のようにも書いている。

長く続いていること。今までは成功してきたやり方。疑問も持たずそれらを続ける。それは楽かもしれないが、状況が変化する中において、本当に正しいことなのだろうか。今まで続いていてきたからというだけの理由でそれを続けることが本当に是なのかは考えてみたほうが良い。ゼロベース思考という言葉がある。今までの前提をとりあえず無視して、全くなかったこととして、考えみようという思考法だ。

この「ゼロベース思考」を縦書きについても行なってみよう。つまり、今までのしがらみなどをまったく無視して考えた場合、日本語の文章は縦書きが良いのだろうか、横書きが良いのだろうか。

ここでは極端な仮定をして考えてみよう。縦書きが無くて、すべて横書きだった場合に困ることはあるだろうか?

この質問をした場合、たいてい、(縦書きが|横書きが)「読みやすい」という理由で、横書きでは十分だとかそれでは足りないという意見が出される。「読みやすさ」の違いは多分に個人の趣向に拠るところが多く、現在の日本語の表記方法を見る限り、「読みやすさ」の違いがあったにせよ、絶対的なものとは思えない。

縦書きでないと実現できないようなユースケースはどういうものだろうか?

この質問をあらゆる人にしたが、なるほどと思わせる回答をしてくれたのは2名だけだ。1名は女子中学生(当時)、もう1名は日本語が堪能なアメリカ人だ。

女子中学生の回答は、「通学電車の中で本を読むときに、横書きだと本を大きく開かないと文章を読めないけど、縦書きだと、ページの半分くらいまでは読めるし、その後も本を傾けたりすれば、本を大きく開かなくても読める」というものだった。

写真で示そう。

最初に縦書きの本を片手で開いて読んでいる状態の写真。

縦書き不要論

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/t01.jpg

次に横書きの本を同じく片手で開いて読んでいる状態の写真。

縦書き不要論

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/t02.jpg

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。