体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人が本気&夢中になる面白さ! ディズニーランドホテルの「謎解きプログラム」に挑戦してきたよ

disney

2013年1月7日(月)から3月19日(火)までの期間限定で実施される、ディズニーランドホテルの「謎解きプログラム」。「ピーターパンルーム」か「白雪ルーム」に宿泊すると、それぞれの物語に基づいた謎解きゲームを体験することが出来ます。

「謎解きプログラム」とは、暗号を解読したり、場所を移動して隠されたヒントを探したりするなどして、与えられた謎を解いていく大人向けの体験型プログラム。ホテルの敷地内を探索するという楽しさが、今年の同期間にも好評を博し、再び実施。冬季はパークの開園時間が短くなることから、ホテル内でも楽しい時間を過ごして欲しいという願いもこめられているそうです。

筆者も一足お先にこのプログラムを体験。頑張って謎を解いてきたので、今回はレポートをご紹介します。最初に感想を書いてしまうと、難しかった&すっご~く楽しかった!

disney

ヴィクトリア時代の壮麗かつ華やかな雰囲気が素敵なディズニーランドホテル。ミッキーや仲間達のシルエットにキレイに刈られた、植木がお出迎えしてくれます。

ディズニーランドホテルに隠された2つの謎

今回の企画には難易度の異なる2つの謎解きプログラムが用意されています。1つは今年の冬の期間に実施した内容を一新して、謎の量も一段と増えた「フック船長からの挑戦状“海賊たちが残した暗号の謎”」。もう1つは、それよりもさらに難易度の高い「白雪姫と謎の魔法書」。

「白雪姫と謎の魔法書」は、東京ディズニーランド内を探索し、さらにホテルの客室内で展開していく数々の謎を解読するという施設を横断した取り組み。今回筆者がチャレンジしたのは、「ピーターパーンルーム」の「フック船長からの挑戦状“海賊たちが残した暗号の謎”」です。

この謎解きプログラムに企画協力しているのは、「リアル脱出ゲーム」を手がける会社SCRAP。リアル脱出ゲームは、そのエンタティメント性と難易度の高さ、大人が本気で楽しめるゲームとして、毎回チケットが争奪戦となる大人気の企画です。

物語の世界観が濃縮! シックで可愛い「ピーターパンルーム」

disney

今回筆者が訪れたピーターパンルームは、シックで落ち着いた雰囲気の中に、『ピーターパン』のキャラクターが描かれた子供から大人まで夢中になってしまう内装。

disney disney

“隠れミッキー”もいますので、部屋のすみずみまでチェック。

いざ「謎解きプログラム」に挑戦!

disney

ピーターパンルームのベッドルームには、謎が隠された宝箱が置かれています。その他、ゲームに使うアイテムなどを受け取り、ディズニーランドホテル内に隠された謎に挑みます。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。