ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はねプリ第33回「いままで紹介したアプリで、実際にいつも使ってるやつってある?」 – 2012年紹介アプリまとめ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ひとことコメント

「オチがこんな重いネタとか……。どうツッコミ入れていいかわかりませんよ!」

レビュアー
はぎ:IT業界をひっそりただよう39歳。もうすぐ魅惑の不惑になるのでワクワク。嘘(うそ)。
ねり:将来はガンダムパイロットになりたい女子大生。絶賛就活中。ホワイトベースに就職したい。

はぎ:年末ですね。
ねり:年末ですね。
はぎ:『はねプリ』も、ちょっと一年を振り返ってみたりしようか。
ねり:この連載、ちょうど今年の1月のはじめから始めたんでしたね~!
はぎ:まじか! なんてちょうど良い企画! さて、いままで紹介したアプリで、実際にいつも使ってるやつってある?
ねり:いつも使ってるのは第5回で紹介した『支出管理』ですね。
はぎ:やっぱそれか。結局シンプルに入力できるのが良いね。
ねり:そうですね、『支出管理』はもう手放せないです。全体的に飾らないシンプルなUIで、支出をいろいろなグラフ(“日別の推移”、“分類別の内訳”、“分類別の状態”、“月別の推移”)で見られるのがいいなって思ったり。
はぎ:僕も“日別の推移”は見るなあ。「ちょっと角度が上向きすぎてる!(訳:予算より使い過ぎてる)」とか恐怖したり。
ねり:おしゃれじゃないのは相変わらずですけど(笑)。
はぎ:そういえば『Zaim』(第1回で紹介)のアップデートが来ていたね。

──一緒に見る──

ねり:見るの久しぶりですけど、おしゃれ(笑)。
はぎ:それが『支出管理』との大きな違い、みたいな(笑)。
ねり:ちょっとなびきそうになる、わたしの女子な部分が……。
はぎ:カテゴリを追加できるようになってたり、全体的に親切なチュートリアルメッセージが出たり、どんどん使いやすくなってるみたいね。前回紹介したときは「ネットワークにつながることが前提になってる」のが不満だったけど、LTEやらで環境変わってるから良いかもしれないね。ただなあ。
ねり:どうしたんですか?
はぎ:入力欄のデフォルトでさあ、“出金元”のところに“Aさんの財布”って書いてあるんだけど、これを作ってるのが女の人だということもあってちょっと引いてしまった。
ねり:わたしも「なんだろう?」って思いましたけど……。
はぎ:だってさあ、きっと“Aさん”のニックネームは“財布”だよ? もしくは“ATM”。
ねり:考え過ぎですよ!
はぎ:そうかなあ。けっこう当たってると思うんだけどなあ……。まあAさんの話は泣きそうになるから置いておいてだね、ほかには、第2回で紹介した『Path』とか、第4回で紹介した『My365』は、自分では使ってないけど、友だちが使ってるから入れてる感じなんだよね、僕らは。
ねり:そうですね、基本『Path』にしかいない友だちがいたりするので……。
はぎ:いろいろ住み分けできてる感じだよね、それぞれが自分向きのSNSに。
ねり:ちなみにわたしは、『Path』はちょっと秘密なこととか、『My365』は自分的キャンペーンをするときとかに使ってみてます。
はぎ:自分的キャンペーンて何?
ねり:「これから1か月『ROBOTICS;NOTES』のオフィシャルアプリの、ARカメラをつかった写真をアップするぞ!」みたいな(笑)。
はぎ:そういうことか(笑)。僕は『My365』は女子たちのキャッキャウフフな毎日を楽しむために使ってるわけですが、『Path』はたまに通知が来たら見る程度かなあ。あんまり秘密を持てない人みたいで、僕(笑)。
ねり:第16回で紹介した『Paper by FiftyThree』ってお絵かきのアプリは、いまでも結構な頻度で使ってますね。ベッドで本を読むときにiPadを使ってるんですけど、思いついた図とか描いてます。
はぎ:ああ、僕はああいうアプリ使わないんだよなあ。でも『iPhone 5』にしてようやくiPhoneのスピード感が自分に追い付いてきたから、使うこともあるのかなあ。でも絵も字も下手だからそもそも手書きで何か書こうと思わない(笑)。
ねり:わたし、はぎさんの絵好きなんですけどね(笑)。
はぎ:えー(笑)。あとは、映画感想SNSの『Filmarks』(第22回で紹介)なんかも使ってるみたいだよね? やっぱり参考になる?
ねり:『Filmarks』は使ってますね、ユーザーを探す、っていうところにヘビーユーザーの人が出てくるようになって、そこからいろいろな人のリストを見たりしています。
はぎ:ああ、人のを見るのに使う感じか。ソーシャルだなあ。
ねり:そうですね、もっと趣味が合う人を見つけられたらいいんですけど。
はぎ:ソーシャルといえば、僕は以前、習慣付けアプリとして『Ritual – モチベーションを保って目標達成』(第9回で紹介)を使ってたんだけど、データ消えるようになっちゃったんで、同じ系統の『Lift』を使うようになったのね。第29回で教えてもらったやつ。最初は「ソーシャル機能なんかいるのかなあ」と思ってたけど、『Zazen』コミュニティでみんなで応援しあってるおかげで、なんだか毎日坐禅してる(笑)。
ねり:『Zazen』コミュニティ(笑)!
はぎ:とある条件を満たしたおかげで「power-lifterさんへ」的なメールも『Lift』から来たし(自慢げ)。
ねり:えー! なんですかそれうらやましい!
はぎ:ふふふ。キミはあんまり『Lift』やってないみたいだけど、『Timehop』(第28回で紹介)やってる通知はよく来るよ。1年前2年前の“今日”の投稿が「なつかしい」って、やっぱ若者なのかな(笑)。
ねり:若者ですからね~わたし! にやにや。
はぎ:くそう。あとはそうだなあ。第24回の『日経トレンディDigital』は3か月分買ったんでまだ見てるけど、ちょっとやっぱり紙とデジタルの違いで使いにくい感じかなあ。
ねり:第27回の『1 Million PIXEL App』は、たまに見てますよ。どんくらいの人が買ったかな~って。
はぎ:早く絵が完成しますように、的なね(笑)。
ねり:はい(笑)。
はぎ:『震災時帰宅支援マップ』(第26回で紹介)は、万が一のために入れたまま。『ラジオ体操 第1』(第10回で紹介)も入れてるから、たまに使わないとなあ。
ねり:あと入れてるのありますっけ?
はぎ:第15回で紹介した『さるやまハゲの助アプリ』かな。まあこれは、作ってる側ですが(笑)。
ねり:あ(笑)。
はぎ:『ぐんまのやぼう』(第21回で紹介)はもう野望を達成したからやってないし、『パズル&ドラゴンズ』(第23回で紹介)は70日くらい連続ログインしてたんだけど、一度ログインし忘れたら急にやらなくなってしまった。『地図 Yahoo!ロコ』(第25回で紹介)は使ってたけど、GoogleマップのiPhoneアプリ出たから、ちょっと微妙な感じになってきたなあ。
ねり:そうですね、でも、地図をレイヤー分けで変更できるのはやっぱり便利だなと思いましたよ!
はぎ:あ、それはあるかもね。今回のために久しぶりに触ってみた系で行くと、お題に沿った写真をアップする『Onefeat』(第3回で紹介)がインターフェース一新してたね。またちょっとやってみようかなあと思った。
ねり:やっぱおもしろい! ってなりました(笑)。
はぎ:そういえば僕はもう使ってないけど、『UNIQLO WAKE UP』(第20回で紹介)、まだ使ってるんだよね? どう?
ねり:使ってますね、朝起きるのにはあまり困らないほうなので、毎朝癒やされながら起きてます(笑)。
はぎ:そうか起きれるからこそ癒やされる余裕があるんだな(笑)。僕は眠りの深さを計るアプリの『快眠サイクル時計』と『Sleep by MotionX』を2台の古いiPhoneに入れて使ってるよ。
ねり:すごい(笑)。
はぎ:すげえ高い目覚し時計だけどね……。
ねり:あ、そういえば、第13回で紹介した『Forklift Challenge』ってありましたよね、TOYOTAのゲームアプリ。
はぎ:はいはい。あの素敵な3Dアプリ。
ねり:TOYOTAさんの主催のワークショップに参加したときに、車をPRする方法として海外の人とかにはアプリのゲーム出したりしてて、っていう話をしていて。
はぎ:ま、まさかそれは!
ねり:も、もしかして! っていう(笑)。
はぎ:なるほど、おもしろいねそれ。
ねり:真相は聞けなかったんですけど(笑)。
はぎ:しかし、いろんなアプリ紹介してきたなあ。ってまだ今回触れてないアプリあるけど。
ねり:そうですね!
はぎ:名前見て、久しぶりに使おうかと思ったりするアプリあるよね。
ねり:ありますねー! さっきも言った『Onefeat』はもう一回チャレンジして、面白い写真でも撮ってみようかなって思います!
はぎ:僕はこないだ離婚したから(実話)、第6回で紹介した『失恋画嬢2』でも使ってみようかなー。なんちて。
ねり:オチがこんな重いネタとか……。どうツッコミ入れていいかわかりませんよ!
はぎ:ではまた来年! 良いお年を!

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP