マスコミが報じない「雲仙・普賢岳噴火災害の真相」

Pocket
LINEで送る

2012.12.28 14:00 記者 : カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :

マスコミが報じない「雲仙・普賢岳噴火災害の真相」
今回は『狼魔人日記』からご寄稿いただきました。

マスコミが報じない「雲仙・普賢岳噴火災害の真相」


死者・行方不明者43人を出した長崎県の雲仙・普賢岳の大火砕流から16年を迎えた3日、被災地の島原市では火砕流発生時刻の午後4時8分に市内にサイレンが鳴り響いた。

消防団員らが亡くなった同市北上木場町の北上木場農業研修所跡では、遺族らが「慰霊之鐘」を打ち鳴らし、犠牲者を悼んだ。

同市平成町の雲仙岳災害記念館前では、災害を次世代に伝えようと、島原商工会議所青年部などが初めて企画した「いのりの灯(ともしび)」があり、小学生らが手作りのキャンドル約1,000本に灯をともした。


火砕流では、読売新聞大阪本社写真部員だった田井中次一さん(当時53歳)ら報道関係者や警戒に当たっていた消防団員らが犠牲になった。

(2007年6月3日20時15分 読売新聞)

◆教訓を伝える大切さを感じているのはマスコミも同じ。大火砕流で同僚三人を亡くしたテレビ長崎(KTN)報道部の槌田禎子記者(49)は、噴火災害を取材し今も被災地を見詰め続ける一人として使命感を代弁した。

取材競争の過熱や日々のプレッシャーからマスコミは節度を保てず行動し、被災住民らに迷惑をかけた。私たちは犠牲者のことを胸に刻み、被災地がどう再生していくか継続して取り上げていく必要がある」

2006年6月2日長崎新聞掲載

長年テレビの報道カメラマンを務めた友人はカメラを構えると恐怖感は薄らぐと証言している。

「カメラのファインダーを通してみると普段は恐ろしい暴力団にも不思議と危険を感じなくなる」。

暴力団も報道カメラを向けられると、多少は怯んでしまうのだろう。
だが、自然の猛威にとってはカメラマンもクソもない。

燃えさかる火砕流はカメラマンも消防団員も容赦無く襲った。

被害に遭った消防団員、や警察官は退避勧告を無視して危険地帯に入り込んだマスコミの身を案じて警戒していた。

マスコミが伝えない「雲仙・普賢岳噴火災害の真相」がここにある。

(雲仙・普賢岳噴火災害の)報道について

被害の背景には当初発生した小規模の火砕流が衝撃的だったことから取材競争が過熱し十分な知識を持たない報道関係者が火山学者の存在を免罪符として、取材のため、「定点」と呼ばれた山と火砕流を正面から望める地点に入ったことがある。報道関係者は避難して無人となった人家に侵入するなどトラブルを起こしていたため消防団員、警察官が引きずり込まれる形で危険な地域に多く存在し犠牲となっている。犠牲者発生以降この反省も踏まえ報道関係者が警戒区域内に入ることはほとんど無かったが、その後も自衛隊の情報独占に不満があると主張する報道関係者が許可なく警戒区域内に侵入し書類送検される事例もあり、報道のあり方が問われる事件となっている。(ウィキペディア)

以下コピペ

64 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/06/04(月) 12:46:45 ID:er+ywW1V0
マスコミ関係者などが死んだ「定点」は、避難勧告がでていた。
危険地域であることを示すため、公的機関の観測員、消防団員も勧告地域から撤退していた。しかし、マスコミ関係者は、強制力がないことから、雇い挙げたタクシーとともに避難勧告地域内の「定点」に詰めていた。

そんな中、避難して無人の住民の家に無断で上がり込み、電気、電話を無断使用する事件が 起こった。
住民に不安が高まり、そのためもあって、いったん避難勧告区域外に撤退していた地元消防団は、ふたたび避難勧告地域内に入り、見回りを始めていた。
これらのマスコミ関係者、タクシー運転手、消防団員、許可を得て中に入っていた地元住民が火砕流に巻き込まれ死んだ。消防団員以外の地元犠牲者はたしか5名。それ以外が約35名。
避難勧告地域の境界で検問をやっていた警察官2名は、火砕流発生の連絡を聞き、中の人たちに知らせるために勧告地域内に入り、殉職した。

そしてこれが重要なんだが、火砕流の到達範囲は、まさに避難勧告地域内におさまっていた。
避難勧告をマスコミが守ってさえいれば、死者数ははるかに少なくて済んだに違いない。

名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 18:55:51 ID:J5ssSuib
当時消防団員だったからよく覚えているよ。
手柄狙いで勝手に居座ったマスコミのために、行かなくてもよい団員が行かされて焼け死んだんだよ。消防団員って素人だよ。プロの消防士じゃなくて、ほぼボランティアなのに、命令でそこに派遣されたんだよ。

で鬼畜なのはマスコミ

その後、何年もこの事件を取り上げるたびに、多くのマスコミ関係者などが犠牲となったって枕詞で始めやがる。で、死んだマスコミ関係者の話を美談として自分語りする。

あの現場には、新婚の団員や、子供が生まれたばかりの団員や、もうすぐ結婚するはずだった団員や、親の介護してた団員がいたんだぞ。
マスコミはそんなこと一つも報道しないけどな。

もう一度言うが、その団員達はそこに居たくて居たんじゃない。

執筆: この記事は『狼魔人日記』からご寄稿いただきました。

寄稿

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

関連記事

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。 マスコミはウケる記事を書きたがる(メカAG) 以前国の「特別会計」が話題になったことがあった。一般会計をはるかに超える予算を持ち、国民の目から隠された予算…という触れ込みだった...続きを読む

今回は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。 言葉の魔術(1) 「防護服」(中部大学教授 武田邦彦) (このシリーズは民主主義は、1) 国民にもっとも正確で価値のある情報を提供し、2) 国民の判断で...続きを読む

今回は八木啓代さんのブログ『八木啓代のひとりごと』からご寄稿いただきました。 ※この記事は2014年05月28日に書かれたものです。 PC遠隔操作事件:マスコミがあえて触れない「事件の真相」(音楽家・作家 八木啓代) ここ数日、...続きを読む

今回は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。 秘密法考(2) 日本のマスコミは打撃を受けない(中部大学教授 武田邦彦) 秘密法が検討され始めたのは民主党政権だが、日本のマスコミは実質的に損害を受けな...続きを読む

今回は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。 マスコミは「権力者」か? 食品偽装という問題で考える(中部大学教授 武田邦彦) マスコミは第四の権力と呼ばれるし、現在ではむしろ「政党も変えることができ...続きを読む

新着記事

数あるモバイルバッテリーを紹介してきた私であるが、ここまで大容量かつ低価格は初めてかも。今回紹介するのはROMOSS(ロモス)の大容量モバイルバッテリー『sailing 4』。アマゾンでの実売価格が1580円という目を疑いたくなる安さ...続きを読む

韓国のコミュニティで8月28日に投稿されたばかりのホットな物を紹介したい。 それは「急いで入ったら…こんな状態!困り果ててる」という投稿でなんと大便器2個と小便器2個が並んでいる。小便器が並んでいるのはごく普通であるが、大便器は...続きを読む

缶コーヒーブランドの『ジョージア』から、ブドウ糖を配合した“朝の目覚め”にぴったりな新製品『ジョージア シャキーン!』が9月1日(月)より発売。それに合わせ、ブドウ糖燃料電池で走るラジコンカーがオフィス街を疾走するスペシャルムービーが...続きを読む

今週の『週刊少年ジャンプ』で最終回を迎えた大人気バスケ漫画『黒子のバスケ』。第3期のTVアニメシリーズ制作も決定し、12月発売予定の『ジャンプNEXT』でも何か展開が……!? と連載は終了したものの、まだまだ続く“黒バス”旋風。 ...続きを読む

アップルのクラウドサービス『iCloud』がハッキングされハリウッド女優であるジェニファー・ローレンスのヌード写真が大量に流出したことが判明した。既に画像はネット上に出回っており誰でも見れる状態になっている。 ジェニファー・ロー...続きを読む