ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国で$99(約8,400円)のGoogle TV搭載セットトップボックス「Hisense Pulse with Google TV」が発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国で$99というリーズナブルな価格のGoogle TV搭載セットトップボックス「Hisense Pulse with Google TV」が発売されました。Pulseは中国の家電メーカー 海信(HiSense)の米国子会社となるHiSense USAが開発した製品で、米国の液晶テレビメーカー VIZIOが今年夏に発売したCo-Starと同じ価格が設定されています。Co-Star対抗の製品となるようです。製品自体は今年8月下旬に発表され、当初は11月中旬に発売される予定でした。最近発表されたレコメンド機能の「Prime Time」にも対応するので、ソフトウェアを最新版にするべく発売を遅らせたのかもしれません。PulseはHDMI対応のテレビに接続して使用するタイプのGoogle TV端末。Wi-Fi機能を搭載。製品には片面にQWERTYキーボード、もう一方にタッチパッドやチャンネルボタンを備えたリモコンが付属します。販売チャンネルはAmazon.comとなっています。Source : HiSenseGTV Source



(juggly.cn)記事関連リンク
米WalmartでNexus 10のネット販売が開始
無料スマホ管理ツール「Moborobo」Ver2.0.9がiOSに全面対応(プレスリリース)
Android 4.1.2の公式ROMを搭載したXperia Tの動作映像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP