ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「綿菓子屋ふわり。」閉店、理由は「シェアハウス」の安全を守るため

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 

2013年1月30日、「綿菓子屋ふわり。」閉店

2012年7月1日にオープンした「綿菓子屋ふわり。」2ちゃんねるVIPのスレッドから生まれた店として話題になった。新聞やテレビなどに取り上げられ客足も徐々に伸びてきた時期ではあったが、来年2013年1月30日を以って閉店となる。「綿菓子屋ふわり。」は東京都葛飾区立石にあるシェアハウス「生主ハウス」の玄関部分改装し店舗として利用して来た。

シェアハウス「生主ハウス」入居者の安全を考えた結果の判断

2012年12月16日、場所を無償提供してきた家主(AMさん)から「綿菓子屋ふわり。」の営業にストップが掛かった。「ふわり。」の継続は「シェアハウス」運営において防災・防犯の面で危険、現在入居者の安全を考えた結果、店舗継続は不可能との判断に至った。これには店長・竹内力也の怠慢(店舗外に可燃ゴミの放置・ハウス内への客誘導…等)もあり、本人も「ふわり。」の営業停止処分の決定を承諾している。今後の綿菓子屋経営について露天販売という形に変え、商店街で新たに店舗を構える資金作りをするとの意気込みを語った。

 

「綿菓子屋ふわり。」新任店長に『あの男』が立候補!?

「ふわり。」は1月30日まで通常通り営業を続ける。2月以降は完全に閉店なのか?と言うとそうでもない。「生主ハウス」運営の家主(AMさん)がこの件に関し条件を出した。「現在の店長(力也)における信頼は崩された、この信頼関係はたやすく修復できるものではない。店舗としての利用は問題ない。新任の『責任のおける』店長が他に居ればこのまま店を続けてもらっても構わない。」とのことだ。たしかに綿菓子屋さんの経営は楽しそうではある、しかし、綿菓子だけで生活をするのはあまりにも無謀、不安要素が大きい。そんな酔狂な決断をする人間がいるわけがない、と誰もが思うだろう。…ところが真っ先に立候補を唱えるチャレンジャー精神溢れる男がいた。

ネット生放送界の鬼才:『横山緑』その人である。これがネタなのか本気なのかは定かではないが、本人は至って真面目な様である。この話を「生主ハウス」の住民に聞いてみた所「いいんじゃない?w」と、どこか苦笑いながらも承諾。個人的には面白そうなので是非やって頂きたいところではあるが、はたして家主(AMさん)の承諾が取れるだろうか。今後の展開が気になるところではある。

 

 

「綿菓子屋さんふわり。」生放送 http://com.nicovideo.jp/community/co352781 (※無料で視聴出来ます。)
(記事:竹内力也)

「綿菓子屋さん ふわり。」とは。

34歳の無職の人生詰んだおっさんが2ちゃんねるVIPで突如「綿菓子屋さんになる!」とスレ立て。
VIPPERの提案を元に、半年後、本当に綿菓子屋さんを開業。その名も「綿菓子屋さん ふわり。」(※命名VIPPER)
福井県で開業したが祖母の熱烈ビンタを食らい屋台を燃やされ、廃業。
それから2ヵ月沈黙の後……今度は東京で「綿菓子屋さん ふわり。」開業。その行動力と意外性から大勢のおっさん支持者を獲得、応援メッセージが多数届く。オープン初日は180人を超える来客数があり、予想以上 の反響におっさん涙目。現在、ガジェット通信(週一のバイト)を掛け持ちしながら、「綿菓子屋さん ふわり。」を経営。

力也の記事一覧をみる ▶

記者:

雑談系生主として福井で活動するが2012年7月に上京。ガジェ通スタッフとなる。2chVIPで「綿菓子屋さんふわり。」をオープンなど奇行は数知れず。

ウェブサイト: http://rikiyahaisin.web.fc2.com/

TwitterID: lilyfilter

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP