体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの長州力が素人とリングで対戦? 3万5000分の1の夢をかなえたサラリーマンレスラーの『キリン のどごし<生>』CMは1月放送開始だコラッ!

あの長州力が素人とリングで対戦? 3万5000分の1の夢をかなえたサラリーマンレスラーの『キリン のどごし<生></a>』CMは1月放送開始だコラッ!” width=”500″ height=”375″  /></p>
<p>あの革命戦士・長州力選手が素人をリングに上げてプロレスで対戦する――そんな一報を受け取ったガジェット通信編集部。筆者はプロレスファンとして複雑な心境になりました。かつてはインディー団体を敵視し、練習場へ試合を直訴に来た大仁田厚選手に「またぐなよ」とフェンスをまたがせなかった長州選手が、素人をリングに上げ、さらには自分が対戦するなんてことあるはずがない。実際に自分の目で確かめるべく後楽園ホールへ取材に向かった筆者は、自分の認識の間違いに気づいただけでなく、一流の“プロレス”を目撃することになりました。</p>
<p><span id=

会場ポスター

この企画は、『キリン のどごし<生>』が日本中から夢を募集し、それをかなえる模様をCMで放送する、というもの。3万5000人の応募の中から選ばれた夢は、37歳のサラリーマン、寺島力(つとむ)さんが書いた「プロレスラーになってリングに立ちたい」というものでした。

「素人が記念にリングに上げてもらってプロレスごっこをするんでしょ?」と思ったら、それは間違い。ずっとプロレスファンだったという寺島さんは、

・20歳までプロレスラーを目指し、格闘探偵団バトラーツのジム生だったこともある
・試合までの1か月半、カズ・ハヤシ選手の指導のもと特訓を積む

と、ファンなら思う「生半可な素人が神聖なリングに足を踏み入れてはいけない」という気持ちに忠実に、苦しい練習に耐えてこの日を迎えたのです。

12月15日、全日本プロレスファン感謝デーが終了した後楽園ホールで試合は開催されました。試合前には寺島さんのプロフィールが紹介される“煽りV”を上映。上映後には大きな拍手が起こり、寺島さんの挑戦を温かく迎えるファンの姿が見られました。

実況陣も豪華

この日の布陣は豪華。実況はフリーアナウンサーの福澤朗さん、解説は、先ごろ引退を発表した渦中の人、小橋建太選手が務めます。「後楽園ホールに、ジャストミーート!」と、かつての全日本プロレス中継で人気となったフレーズを披露する福澤さん。小橋選手には、会場から大きな「小橋」コールが巻き起こります。

スーツ姿で寺島力“選手”の入場 セコンドも豪華

そしてスーツ姿で寺島力“選手”の入場。セコンドには藤波辰爾選手、武藤敬司選手、カズ・ハヤシ選手と、こちらも豪華な布陣でリングに上がります。

小力さんに大ブーイング

そして長州選手の入場……と思いきや、花道に現れたのはみこしに乗った“長州小力”。会場は大ブーイングで迎えますが、そのまま試合が始まってしまいます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。