ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾MediaTek、Cortex-A7を採用したクアッドコアプロセッサ「MT6589」を正式発表、2013年初頭に搭載デバイスが登場する見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾のファブレス半導体メーカー MediaTekが同社初のクアッドコアプロセッサ「MT6589」を正式に発表しました。MT6589は28nmプロセスで製造されるスマートフォン/タブレット向けのSoC。CPUには低い消費電力が売りのARM Cortex-A7コアが4つ、GPUにはPower VR SGX5XTシリーズが採用されています。出荷開始となったCortex-A7ベースのSoCは、MT6589が初になるのではないでしょうか。SoCにはUMTS Release 8、HSPA+、TD-SCDMAをサポートしたマルチモードモデムが統合されています。その他の仕様については、1,920×1,080ピクセルまでのディスプレイ、1080p動画のエンコード/デコード、1,300万画素のカメラをサポート。MediaTekの3D技術”Cool 3D”により、ステレオ3Dカメラ/ディスプレイ、リアルタイムの2D-3D変換、3Dユーザインタフェースの描画も可能。また、Wi-Fi n、Bluetooth v4.0、GPS、FM、ワイヤレスディスプレイのMiracastもサポートします。現在MT6589は端末メーカーに対して出荷中で、初期の搭載デバイスは2013年Q1に発売されるとのことです。来年の中華フォンはさらに高性能・高機能なものになりそうです。Source : MediaTekofweek



(juggly.cn)記事関連リンク
中国OPPO、5インチフルHDディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「OPPO Find 5」を正式発表
LG、香港でNexus 4の発売を発表、価格は4,398香港ドル(約48,000円)
Jelly Beanにアップデート予定のHTC端末の情報が流出?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。