体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】『WiiU』を軽く遊んでみた! 『Miiverse』はゲームを疎かにしてしまう恐れ有り

12月8日に全国で発売された任天堂の最新据え置きゲーム機『WiiU』。任天堂の初のHDゲーム機ということもあり、多くのゲームユーザーが注目している。『WiiU』は内蔵メモリが8GBのベーシックセット(白色)と、32GBのプレミアムセットが存在する。プレミアムセットは内蔵メモリが多いだけで無く、スタンドやドックが付属し、更に『ニンテンドー ネットワーク プレミアム』サービスが利用できる。

記者はプレミアムセットを購入しソフトは『ニンテンドーランド』と『ZombiU』の2本。どちらもロンチタイトルである。ほかには『NEW スーパーマリオU』や『アサシンクリードIII』などがロンチとしてある。

今回は『WiiU』の設定の様子や使い勝手をレポートしたいと思う。

早速『WiiU』の箱を空ける

『WiiU』の箱は『Wii』同様に2段構造になっている。上段はACアダプターやマニュアルが入っており、下段には『WiiU GamePad』と本体が入っている。本体とコントローラーは光沢しており、てかてかが多少気になる。いわゆるつや消しでは無いため指紋が付いてしまう。それを補うためにコントローラーカバーや液晶フィルタも売られているので、気になるという方は買っておくことをオススメする(実際はそんな言う程気にならない)。

いざ・起動

ACアダプターとHDMIケーブルを装着。とりあえずこれで準備はできたはずなので早速起動してみる。起動すると『WiiU GamePad』と『WiiU』を同期させる作業に入る。SYNCボタンを押したあとに画面に出ている4つのマーク(ハート、スペード、ダイヤ、クローバー)を入力して無事完了。本体に『WiiU GamePad』が認識されたようだ。ちなみにこの作業に際に近くに5GHz帯の電波を使う通信機器があるとエラーになる可能性があるのだという。

その後はテレビ画面の解像度を自動認識、ちなみに自宅のテレビの場合は1080pと自動認識された。

アップデート開始

本体を購入後はアップデートをする必要がある。これが鬼門であり、ダウンロード後のアップデート最中に電源を切ったりすると、本体がそれ以降使えなくなるのだ。その注意事項については販売店にもくどいくらいに書かれているので、知らない人はよく読んでおこう。ちなみにダウンロード中はセッションが切れても問題無く再開できる。またアップデート後はダウンロードマネージャーにより管理され、次回のアップデートはバックグラウンドで可能。ダウンロードに約30分。その後インストールを終えようやく使える状態になる。

任天堂初のID制導入

今までの任天堂のゲーム機には無かったID制が『WiiU』より導入されている。ニンテンドーネットワークと称されており、これを使ったコンテンツが今後数多く用意される。またWiiUではフレンドコードではなく、IDを教え会ってフレンド登録する仕組み。今まではフレンドコードをそらで覚えるのが難しかった人も居ただろうが、今度はIDなので簡単に友だちに教えることが出来るだろう。
ちなみにユーザーアカウントはメニューから切り替えることが可能で、『WiiU』1台につき最大12アカウントまで作成可能。起動時に毎回パスワードを求めるか自動でログインするかの設定も可能となっている。一人でしか使わない場合はデフォルトのユーザーアカウントを指定し、自動ログインにすれば良いだろう。

Miiを持ってこよう

さて『WiiU』にも『Wii』や『ニンテンドー3DS』同様に『Mii(ミー)』が存在する。新たに作成しても良いが、今まで利用していた『Mii』を持ってくることができる。『ニンテンドー3DS』が手元にある人は簡単に引っ越しが可能。『ニンテンドー3DS』の『Miiスタジオ』でWiiUに対して自分のMiiを送信すれば良い。この際気をつけないといけないのが、「コピーを許可」にしないといけない。

1 2 3次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。