ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ソルのゲー評】『WiiU』を軽く遊んでみた! 『Miiverse』はゲームを疎かにしてしまう恐れ有り

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


12月8日に全国で発売された任天堂の最新据え置きゲーム機『WiiU』。任天堂の初のHDゲーム機ということもあり、多くのゲームユーザーが注目している。『WiiU』は内蔵メモリが8GBのベーシックセット(白色)と、32GBのプレミアムセットが存在する。プレミアムセットは内蔵メモリが多いだけで無く、スタンドやドックが付属し、更に『ニンテンドー ネットワーク プレミアム』サービスが利用できる。

記者はプレミアムセットを購入しソフトは『ニンテンドーランド』と『ZombiU』の2本。どちらもロンチタイトルである。ほかには『NEW スーパーマリオU』や『アサシンクリードIII』などがロンチとしてある。

今回は『WiiU』の設定の様子や使い勝手をレポートしたいと思う。

早速『WiiU』の箱を空ける

『WiiU』の箱は『Wii』同様に2段構造になっている。上段はACアダプターやマニュアルが入っており、下段には『WiiU GamePad』と本体が入っている。本体とコントローラーは光沢しており、てかてかが多少気になる。いわゆるつや消しでは無いため指紋が付いてしまう。それを補うためにコントローラーカバーや液晶フィルタも売られているので、気になるという方は買っておくことをオススメする(実際はそんな言う程気にならない)。

いざ・起動

ACアダプターとHDMIケーブルを装着。とりあえずこれで準備はできたはずなので早速起動してみる。起動すると『WiiU GamePad』と『WiiU』を同期させる作業に入る。SYNCボタンを押したあとに画面に出ている4つのマーク(ハート、スペード、ダイヤ、クローバー)を入力して無事完了。本体に『WiiU GamePad』が認識されたようだ。ちなみにこの作業に際に近くに5GHz帯の電波を使う通信機器があるとエラーになる可能性があるのだという。

その後はテレビ画面の解像度を自動認識、ちなみに自宅のテレビの場合は1080pと自動認識された。

アップデート開始

本体を購入後はアップデートをする必要がある。これが鬼門であり、ダウンロード後のアップデート最中に電源を切ったりすると、本体がそれ以降使えなくなるのだ。その注意事項については販売店にもくどいくらいに書かれているので、知らない人はよく読んでおこう。ちなみにダウンロード中はセッションが切れても問題無く再開できる。またアップデート後はダウンロードマネージャーにより管理され、次回のアップデートはバックグラウンドで可能。ダウンロードに約30分。その後インストールを終えようやく使える状態になる。

任天堂初のID制導入

今までの任天堂のゲーム機には無かったID制が『WiiU』より導入されている。ニンテンドーネットワークと称されており、これを使ったコンテンツが今後数多く用意される。またWiiUではフレンドコードではなく、IDを教え会ってフレンド登録する仕組み。今まではフレンドコードをそらで覚えるのが難しかった人も居ただろうが、今度はIDなので簡単に友だちに教えることが出来るだろう。
ちなみにユーザーアカウントはメニューから切り替えることが可能で、『WiiU』1台につき最大12アカウントまで作成可能。起動時に毎回パスワードを求めるか自動でログインするかの設定も可能となっている。一人でしか使わない場合はデフォルトのユーザーアカウントを指定し、自動ログインにすれば良いだろう。

Miiを持ってこよう

さて『WiiU』にも『Wii』や『ニンテンドー3DS』同様に『Mii(ミー)』が存在する。新たに作成しても良いが、今まで利用していた『Mii』を持ってくることができる。『ニンテンドー3DS』が手元にある人は簡単に引っ越しが可能。『ニンテンドー3DS』の『Miiスタジオ』でWiiUに対して自分のMiiを送信すれば良い。この際気をつけないといけないのが、「コピーを許可」にしないといけない。

Miiverseを使うよ

『WiiU』の目玉とも言えるコンテンツ『Miiverse(ミーバース)』。これは各タイトルのゲームごとにみんなで雑談したりお絵かきしたり、更には攻略を教えあったりと賑やかにつぶやく場所である。気になる人が居たら「フォロー」しておくことも可能。また自分の書き込みにだれかが反応した場合は、お知らせの箇所にバッヂが付く。仕組みとしては『Twitter』に似ておりそれをWiiUのタイトル毎に絞った感じである。将来的には『Miiverse』はスマートフォンアプリも提供される予定。
書き込みに関してはスクリプトと運営が監視を行っているらしく、卑猥な書き込みや政治的、宗教的、自分の個人情報を開示するような書き込みは非表示にされてしまう。プロフィールにニコニコ動画の自分のコミュニティを書いただけで運営から警告が来たと言う報告も挙がっている。


見ているだけで楽しい『わらわら広場』

かねてから『Miiわらわら』と呼ばれていたコンテンツ。正式名称は『わらわら広場』になったのだが、それはどのような物なのだろうか。メニュー画面からアクセスすることが可能で、同時にテレビ側に映し出されている。各タイトルがずらりと並んでおり、それを遊んだユーザーのMiiがそのアイコンの位置に並んで居る。『Miiverse』に書き込んだ発言がランダムで表示されゲームタイトルごとの賑わいを一覧することができる。ここから特定のMiiをタッチすればその人の『Miiverse』の書き込みやプロフィールにアクセスすることが可能。
LRボタンでアイコンを回転させるとMiiが自分のアイコンを追いかけていくのが楽しい。ちゃんと所定の位置に行こうとするのね。
ちなみにポップアップされる書き込みは『Miiverse』で人気の投稿が表示されやすいようだ。

少し面倒な『Wii』からの引っ越し

今回の『WiiU』は上位互換と言うこともありもちろん『Wii』からの引っ越しは可能。ではどのように引っ越しを行うのか? これが実に面倒で『Wii』『WiiU』の双方で引っ越しアプリを起動しさらに512MB以上のSDカードを用意しなくてはいけない。また一部の情報は引き継がれないので注意。またこの引っ越し操作にはWiiリモコンが必要になる。
ちなみに引っ越し作業は恒例のピクミンが行ってくれる。

実際の『WiiU GamePad』の使い勝手は?

『WiiU GamePad』の使い勝手は如何なのだろうか? 発売前のネットでは「大きすぎ」「重たいだろ」と言った発言が相次いでいたが、実物を触ってみると予想以上にしっくりし、軽くてびっくり。『WiiU GamePad』裏のグリップのお陰で持ちやすさも良い。
本体上部にはイヤホンジャックとACアダプタの差込口、スピーカーのボリューム、赤外線がある。ボタンはスティックが左右、十字キー、ABXYボタン、+(START)ボタン、-(SELECT)ボタン、HOMEボタン、POWERボタン、CONTROLボタン、LRボタン、ZL、LRボタン。以上のようなボタンが付いている。また液晶上部にはカメラが付いており、様々なソフトで活用が可能。そのほかにNFCの読み取りが可能となっている。

早速いろんなソフトを起動してみる

初期で導入されているソフトは『出前館』『YNN』『カラオケ』『hulu』『YouTube』『WiiU Chat』『Miiスタジオ』など。今日から無償でダウンロード可能となっている『ニコニコ動画』も加わる。アイコンの下部には『Miiverse』『ニンテンドーeショップ』『インターネットブラウザ』『Nintendo TVii』『お知らせリスト』が固定アイコンとして配置されている。更にホームボタンを押すと『フレンドリスト』と『ダウンロード管理』を見ることができる。
中でも優秀なのが『hulu』ソフト。『WiiU GamePad』だけで動画が楽しむことができ、ごろ寝推奨なのである。『ニコニコ動画』を将来的に『WiiU GamePad』のみに対応予定とアナウンスしているが現時点では動画の再生はテレビ側で行われる。
『WiiU Chat』はフレンド登録しているユーザー同士でビデオチャットが出来る。画面にペンで落書きができ、ちょっとした遊び心もある。一部では「WiiU GamePadで卑猥なことをする外人がいる」と書かれているが、不特定多数とできるわけでは無い。あくまでお互いをフレンド登録した状況じゃないとできない。
『YouTube』アプリに関してはインターフェイスがいまいちで、やや使いづらい。むしろインターネットブラウザでアクセスしたほうが見やすかったりする。
『インターネットブラウザ』ブラウザは『WiiU GamePad』のボタンショートカットを使いこなせばかなり快適なアクセスができるだろう。ブラウジングも快適でストレス無くアクセスできる。私は『YouTube』はアプリではなくこちらのブラウザで閲覧している。こちらだと『WiiU GamePad』でも動画が見ることができ、動画を見ながら別の動画を探すことも可能。また『インターネットブラウザ』はゲームを起動している最中も呼び出すことが可能で調べ物したいときに便利である。

購入後のちょっとした感想を書くつもりが勢い余ってメニューのことまで触れてしまった。各ソフトウェアの詳細は別の記事で紹介したいと思う。Miiverseが面白くてゲームそっちのけで書き込みを読んでしまうという罠があるが、これはこれでコンテンツとして楽しめそうだ。将来的には雑談なども出来るようにカテゴリを細分化してほしいものである。

発売日前日と当日の行列動画も掲載したので、興味ある方は是非ご覧になってほしい。

【2012/12/08】WiiU発売日前日&発売日早朝の模様(ニコニコ動画)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP