ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、Xperiaスマートフォン新モデル「Xperia E(C150X)」、「Xperia E dual(C160X)」を発表(更新:デモ映像を追加)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileは12月5日、Xperiaスマートフォンの新モデル「Xperia E」、「Xperia E dual」を発表しました。発売時期は2013年Q1中。Xperia Eは画面サイズ3.5インチのコンパクトサイズのエントリーモデル。プロセッサはSnapdragon S1 MSM7227A 1GHzシングルコア、RAM容量は512MB、カメラは背面に320万画素を搭載。Android 4.1(Jelly Bean)で発売されます。Xperia E dualは、Xperia EのデュアルSIM版で、2枚のSIMカードを挿して両方の電話番号で同時に待受けることができます。OSはAndroid 4.0(ICS)で発売されますが、Android 4.1(Jelly Bean)二もアップデートされる予定となっています(先に発売されるということでしょう)。Xperia E、Xperia E dualから型番規則が変更されました。従来はLTXX/MTXX/STXX(XXは数字)といった規則が採用されていましたが、今回のXperia Eは「C1604/C1505」、Xperia E dualは「C1604/C1605」。「C1504/C1604」は北米モデル(従来の”a”モデル)、「C1505/C1605」は欧州モデル(従来の”i”モデル)となります。Xperia E、Xperia E dualのスペックは以下の通りです。 OS(Xperia E):Android 4.1(Jelly Bean) OS(Xperia E dual):Android 4.0(Ice Cream Sandwich) サイズ:113.5 x 61.8 x 11.0 mm、質量115.7g ディスプレイ:3.5インチ、解像度480×320ピクセル(HVGA)、TFT液晶、26万色、モバイルBRAVIAエンジン、マルチタッチ最大2点 プロセッサ:Qualcomm Snapdragon S1 MSM7227A 1.0GHz(シングルコア) GPU:Adreno 200 メモリ:RAM 512MB、内蔵ストレージ 4GB 外部ストレージ:microSD/microSDHC(最大32GB) リアカメラ:320万画素CMOS、AF、LEDフラッシュ、FWVGA動画撮影、4倍デジタルズーム フロントカメラ:非搭載 対応周波数C1505/C1605:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDM(900/2100MHz) 対応周波数C1504/C1604:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDM(850/1900/2100MHz) パケット通信:2G GPRS/EDGE、3G HSDPA 7.2Mbps/HSUPA 5.76Mbps 通信機能:Wi-Fi b/g/n(データ転送速度は最大72Mbps)、Bluetooth v2.1+EDR、DLNA(M-DMS、+PU+、M-DMP、+DN+) 外部端子類:micro-USB、3.5mmオーディオジャック センサー:加速度、近接、GPS バッテリー:1,530mAh(最小1,500mAh)、WCDMAでの待受時間は最大530時間、通話時間は最大6時間30分 カラー(Xperia E):ブラック、ホワイト、ピンク カラー(Xperia E dual):ブラック、ゴールド 対応SIM:標準 Sony Entertainment Network対応 xLOUD対応 HDボイス対応 ノイズキャンセリング対応Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Dropboxがv2.2.2にアップデート、アプリ内でファイル/フォルダの移動が可能に
Sony、Android搭載Walkman Zシリーズ向けにAndroid 4.0へのアップデートを提供開始
Sony、Android搭載Walkman Fシリーズに機能追加のアップデートを提供開始、「auスマートパス」や「au Wi-Fi SPOT」も利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP