ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニューヨークの地下鉄に韓国人が突き落とされひかれる直前の写真が掲載 「なぜ助けない」と物議を醸すが真実は……

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ニューヨークの地下鉄で韓国人男性が他の男性と口論になり地下鉄の線路に突き落とされ、ひかれる寸前の写真が撮影された。その写真が『NEW YORK POST』に掲載され話題となっている。大きく「DOOMED(絶望的)」と書かれており、男性がひかれる瞬間だと言うのがわかる。

これを見た人達は写真と撮影したR. Umar Abbasi氏を批判。

・ウマルは臆病者だ。なぜ彼は助けなかったんだ?
・カメラマンはクズ。
・なぜこの男は何もしないでいる? 過失致死罪で起訴されるべきである。
・なぜ彼は男性を引き上げようとしなかった?

とカメラマンを批判している。なぜカメラマンは男性を引き上げずに写真を撮影したのか? その真実は彼のコメントにある。実は写真を撮影しようとしたのではなく、運転手に向けて警告のためにフラッシュを何度も発光していたのである。もちろん言い訳なのかもしれないが、彼はそう主張している。

その真実を知っている人はそのことをコメントしている。またこの距離で助けに行けたのかも疑問である。また『2ちゃんねる』ではなぜか「日本が悪い」という風潮にもなっている。カメラマンが日本人というデマが飛び交っており情報が錯乱しているようである。

Deadly Times Square subway fall caught on camera – New York Post

※画像はNEW YORK POSTより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP