体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

池田信夫はグラフの描き方を勉強した方がいい

池田信夫はグラフの描き方を勉強した方がいい

今回はメカAGさんのブログ『疑似科学ニュース』からご寄稿いただきました。
※記事のすべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/276644をごらんください。

池田信夫はグラフの描き方を勉強した方がいい

「安倍晋三氏のためのインフレ入門」 2012年11月28日 『ガジェット通信』
http://getnews.jp/archives/275291

池田信夫はどうして異なる種類の数値を一つの尺度でグラフを描くのだろう。

池田信夫はグラフの描き方を勉強した方がいい

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/1207.jpg

今度はマネタリーベースとマネーストックだ。両者は別な性質の数値なのだから、変化量が同じになる保証はない。むしろならない。一方が2倍になったからといって、他方も2倍になるとは限らない。勉強時間を2倍にしたからといって成績が2倍になるわけではない。でも大雑把な傾向としては勉強時間を長くすれば成績は上がる。

変化量の相関の有無を見たいなら、両者の変化が見えやすいようにスケールを調整してやらなければならない。池田信夫自身が別なグラフで描いてるのだよね。

「橋下徹氏のためのデフレ入門」 2012年04月21日 『池田信夫 blog part2』
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51785333.html

池田信夫はグラフの描き方を勉強した方がいい

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2118.jpg

「貨幣数量説について*」 2011年01月22日 『池田信夫 blog part2』
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51669057.html

池田信夫はグラフの描き方を勉強した方がいい

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/375.jpg

上のグラフの青線がマネタリーベース、下のグラフの青線がマネーストック。比較すれば、形は違うが、大雑把には同じタイミングで増減しているはず。

たとえば2001年はマネタリーベースもマネーストックも落ち込んでいる。2002年~2003年はどちらも増加している。2007年はどちらも大きく落ち込んでいる。2009年はどちらも増加している。

他のさまざまな要素が影響するから全く同じ形にはならないが、増減はそれなりに連動しているのだ。マネタリーベースの増減の結果を受けてマネーストックが増減するから、多少ラグ(時間的遅延)はある。よく見ればグラフのピークや谷間が若干遅れている。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。