ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

流行語大賞候補から“ナマポ”が外れる ネット住民「“ネトウヨ”はOKなの?」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今年の世相を表す新語・流行語を選ぶ『現代用語の基礎知識』選ユーキャン新語・流行語大賞の候補から、生活保護を意味する“ナマポ”が外れていたことがわかった。毎日新聞が報じた。

審査委員会は候補から外した理由について、生活保護受給者側から「差別や悪意がこもった言葉が大賞に選ばれていいのか」「当事者を見下す言葉だ」などと批判があったためと説明している。

これを知ったネットユーザーは、「“ネトウヨ”はOKなの?」「言葉狩りだ」と憤りを感じているようだ。

“ネトウヨ”は“ネット右翼”の略称とされているが、実際の使われ方を見てみると、“ある特定の人・団体にとって気に入らない思想を持った日本人”のような、非常に広範で漠然とした対象を侮蔑・嘲笑する意味で使われているケースも多い。また、“ナマポ”とは生活保護制度そのものではなく、生活保護の不正受給者の意味だという指摘も。そのため、「審査委員は本当にニュアンスをわかった上でノミネートしていたのか?」と疑問の声もあがっている。

今年の世相を表す新語・流行語という意味では、“ナマポ”も“ネトウヨ”も、国会議員が口にするほどには認知されていたことは間違いない。この流行語大賞では過去にも“ポア”“ああ言えば上祐”などがノミネートから削除された歴史がある。海外ではタブーを扱った文学や映画作品が大賞を受賞することもしばしばだが、日本の言論・出版界はずいぶん保身的なようだ。

※流行語大賞:「ナマポ」受賞対象外れる 差別や悪意助長と(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20121203k0000m040099000c.html

※画像:『現代用語の基礎知識 2013』

rox5648の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP