体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカ人がツイッターを使わないワケ

 今やすっかり私たちの生活に浸透したFacebookやTwitterですが、ここにきてFacebookの株価下落やTwitter離れなど、その人気に陰りが出てきたことも指摘されています。
 『ソーシャルもうええねん』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション/刊)の著者でエンジニアの村上福之さんは、本書のなかでSNSやTwitterの語られることのない裏側に切り込み、これらの現象の原因についてつづっています。
 今回は村上さんご本人にお話をうかがい、ソーシャルメディアの実態と今後の展望を語っていただきました。

―本書『ソーシャルもうええねん』は、私たちが普段意識することのないSNSの裏側に切り込んでいて興味深く読ませていただきました。本書のなかで、Facebookの株価下落や、Twitterの経営状態に触れていらっしゃいましたが、村上さんはこれらの企業は今後どのような方向に進むと予想されていますか?

村上「Facebookについては、株価が下落したとは書いたんですけど、下落したっていうのは上場する前の、投資家が作った株価、つまり期待値で作った株価から下落したということです。市場でついた株価と投資家が作った株価に開きがあったということですね。
別に株価が下がったから悪くなったということじゃなく、まっとうになったというか、市場の価格にだんだん合ってきたというだけです。それなりに売り上げもありますしね。
今のFacebookは85%が広告収入ですけど、そんなの前からそうですし、運用コストも収入を上回るほどではないので利益は出る会社だと思います」

―株価が下がったとはいえ、先行きが暗いというわけでもない。

村上「水道みたいなものですよね。水道はどの家にもあってみんな使いますけど、水道局がものすごく儲かっているかというとそんなこともない。でも、潰れるほどでもない。
これからモバイルゲームとか課金のシステムができていったらもっと売上は上がると思いますが、今まで通り広告収入ばかりだったらインフラ的なものに落ち着くのではないでしょうか。
DeNAさんも昔は広告収入が主でしたけど、あまりにもPVとユーザーが増えてクリック率が落ちたから利益が下がってしまいました。だから課金に走ったんですけど、それと同じですね。このまま広告だけで飯を食っていてもそんなにすばらしいことにはならないと思います」

―Twitterに関してはいかがでしょうか。

村上「Twitterは世界的にはだいぶ勢いが落ちているんですよ。流行っているのは日本とか韓国で、アメリカとか他の国では勢いが落ちています。Facebookに移行した感がありますね。
日本でも、最近はネットが好きな人はあまりTwitterをやりません。なぜかというと、やっぱりいろいろ炎上したからっていうのと、見られたら恥ずかしいっていうのが理由としてあるのではないでしょうか。アメリカで落ちてきた理由っていうは日本と全然違って、140文字じゃ足りなかったから(笑)」

―確かに、ちょっと短いですよね。

村上「英語で140文字ってかなり言えることが制約されますよね。“何も言えないじゃん”っていうことになってしまう。
中国ではウェイボーとかミニブログがすごく流行ってるんですけど、日本とか中国でそういうのが流行った理由は単に漢字があって、140文字あれば結構なことが言えるんですよね。
英語だと“negotiation”だけで結構文字数使っちゃうけど、日本では“交渉”の二文字で済む(笑)
あとはサーバーが弱いっていうのもあります。よく落ちるし」

―FacebookやTwitterは日本国内ではある程度浸透したように思えます。村上さんはこれらに今後どのような役割を期待していますか?

村上「何も期待しないです(笑) SNSってなぜかわからないですけど5年くらいの周期で変わっちゃうんですよね。昔は日本ではmixiが多くて、アメリカではみんなMyspace最高って言ってたけど、今は落ちてしまっています。4、5年周期でSNSのトレンドが変わっちゃうから、これからもわからないっていうのが本音ですね。しかも、年々その周期が速くなっている気がするし」

―また、本書を読んで強く感じたのが、嘘がばれにくく、ある意味で“言ったもん勝ち”というネットの性質です。このようなネットの世界と、私たちはどのように付き合っていけばいいのでしょうか。

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会