体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この本には、異常な地方が描かれているのではない。

この本には、異常な地方が描かれているのではない。

今回は上山和樹さんのブログ『Freezing Point』からご寄稿いただきました。

この本には、異常な地方が描かれているのではない。

むしろ、私たちの日常が曝露されている。

あのとき、大川小学校で何が起きたのか(青志社)
池上正樹,加藤順子(著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4905042577/?tag=hatena_st1-22&ascsubtag=d-12vc

目の前の山に逃げれば、亡くなった子どもたち74人が全員助かっていたのに、地震発生から50分間も校庭に待機させた。
「山に逃げよう」と声をあげた子どもたちもいたのに、わざわざ連れ戻してまで校庭にいさせた。
その事実を市長や教育関係者が徹底的に揉み消し、時間のつじつまをごまかし、聞き取りのメモを捨て、「頑張って逃げようとしていたが、間に合わなかった」 ことにした。

制度の前提がおかしい

「学校管理下で死亡事故が起きた場合の対応として、報告しなければならないという法律の根拠がないのです」
(文部科学省の「スポーツ・青少年局〈学校教育健康課〉*1 」課長補佐、本書 p.146 より)

実際にあったことは徹底的に検証すべきだし、それに応じた責任追及が必要だと思う。

と同時に、考えなければいけないのは、

「人は失敗するし、失敗しても、責任を取ろうとはしない」ということ。制度は、「理想的人間像」を前提にはできない。(注1)

むかつくエピソードを読みながら、ずっとそれを考えていた。

*1 : 文部科学省HP スポーツ・青少年局<学校健康教育課>
http://www.mext.go.jp/b_menu/koueki/sports/04.htm

注1:これほど極端な事例がろくに検証されないなら、日常的な問題提起など、揉み消されるに決まっている。

登場人物は、「極端な人たち」ではない

加藤順子(かとう・よりこ)氏*2 の記すエピローグから(強調は引用者):

何とかしたく思っていても、組織の理屈がなんとなく優先されてしまうために、自分のできる狭い範囲だけで片づけようとする。役割を根底から考え直し、変えていかなければならないときにすら、いままでの状態を維持しようとしてしまう。そんな普段の感覚を、これだけの規模の事故の対応においても変えられなかったことが、なんとも気持ちが悪い。
でもそれは、どんな人の中にもある感覚かもしれない。
私自身は、市教委の対応を批判的に語るたびに、ニーチェの「汝が深淵を覗き込むとき、深淵もまた汝を覗き返している」(注2) という言葉が気になって仕方がなかった。 【略】
大川小の問題は決して人ごとではなく、自分の内面や、自分が生きる世の中の構造が置き去りにしてきた問題の部分を、同時に覗き込むような作業でもある気がする。 (本書 p.314)

この加藤氏のコメントには、内省的な問題意識がある。

本書に登場する「おっさんたち」は、そのへんに居るようなタイプばかりだ。

これは、
《責任を果たすとは、ルーチンをこなすことだ》 と考える大人たちが、
レールを踏み外すことを極端に怖がり、子どもを何十人も死なせてしまった上に、
「自分たちのやり方に問題があった」という事実すら、認めようとしない

―― そういう事件ではないのだろうか。

注2: 《怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ》*3

*2 : 加藤順子(かとう・よりこ)氏 twitter
https://twitter.com/katoyori
*3 : フリードリヒ・ニーチェ wikiquote
http://ja.wikiquote.org/wiki/フリードリヒ・ニーチェ#.E3.80.8E.E5.96.84.E6.82.AA.E3.81.AE.E5.BD.BC.E5.B2.B8.E3.80.8F

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。