体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【編集部責任編集】Xbox360『ドリームクラブ』ファーストインプレッション

dc20090827

2009年8月27日に発売となったXbox360用ゲームソフト『ドリームクラブ』(発売元: D3パブリッシャー)。ガジェット通信でもソフトウェアを2本入手し、ピュア班がゲームをやり込み中である。なぜピュア班か? それは、このゲームはピュアなハートを持った人じゃないとプレイできないと言われているためで、編集部でいちばんピュアな記者がふたり選ばれ、ゲームレビューとインプレッションをすることとなったのだ。

<ゲーム概要>
ピュアのハートを持った人しか来店できないオトナのお店・ドリームクラブ。そこでは、ホストガールと呼ばれる美女たちがお客をもてなしてくれるという。主人公は数奇な運命からドリームクラブの1年間有効会員証を手に入れることとなり、週末だけドリームクラブに行くことができるようになった。とはいえドリームクラブはお店であり、基本料金やホストガールの指名料、アルコール代金、おつまみ代金などが必要で、主人公は平日にアルバイトやギャンブルをして稼ぐ必要があった。ホストガールにプレゼントするアイテムを購入することもでき、いろいろとサイフの中身を計算をしつつ、ドリームクラブを楽しむ主人公。最終目的はやっぱりホストガールとの……!?

<インプレッション記者プレイ概要>
ゲーム: 『ドリームクラブ』
ハード: Xbox360 スタンダードモデル
プレイ時間: 9時間
初プレイ日: 2009年8月26日
モニター: TH-32LX65(VIERA)
AV出力: HDMIケーブル接続

dc200908271

・ゲームシステム(ゲーム性)
基本的なゲームの流れを説明しよう。選択肢から項目を選び、自宅、バイト先(ギャンブル先)、ドリームクラブを行き来するのが主人公の行動パターンだ。女の子と仲良くなると、それらの場所以外に遊園地やビーチなどのデートスポットに行くことができる(ただし、主人公が意図的にデートを発生させることはできず、強制イベントとして発生する)。

ドリームクラブではなにかとお金が必要であり、アルバイトをして資金を稼ぐという部分は非常に現実的な表現である。キャバクラに通うため、せっせと労働するのと同じと考えていい。以下は、このゲームのメインとなる場面を簡単に解説したものである。

自宅: バイトか休息かの選択、メールチェック、女の子へのプレゼントショッピング
バイト: コンビニやコールセンターのバイトで資金稼ぎ、ギャンブルで一攫千金
ドリームクラブ: 女の子との交流で愛を深める、飲食、カラオケ、ミニゲーム
デートスポット: 女の子との交流で愛を深める

ドリームクラブ店内では、少しだがアクション要素があり、テクニックを必要とする場面がある。お酒を飲むシーンではレバーを加減しつつ傾けることでお酒を飲むことができる。ゴク、ゴク、ゴクと3回ほど主人公が飲むと、ホストガールが1杯飲むようだ。ここで3回と書いたが、どれくらい傾けて飲んだかによって(一度にどれくらい飲んだかによって)、女の子が飲むタイミングが変化するようである。飲酒のシーンは、そのようなアクション要素があるものの、さほどタイミングやテクニックを必要とするものではない。

オムライスにケチャップで名前を書いたり、ホストガールが口にくわえたスティック型スナックをかじっていくミニゲームなどはテクニックを必要とするが、3~4度ほどやっていると慣れて簡単になってくる。ホストガールにカラオケを歌ってもらうシーンがあり、リズムにあわせてコントローラのキーを押していく場面があるが、ここのアクション要素はとてもシビアで、やはり慣れが必要となってくる。このゲームでいちばん難しいアクション要素のある場面といえるだろう。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。