体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【au2012年冬モデル】回線品質をアピール 全モデルがLTEに対応したAndroidスマートフォンとタブレット計10機種の発表会をレポート

【au2012年冬モデル】回線品質をアピール 全モデルがLTEに対応したAndroidスマートフォンとタブレット計10機種の発表会をレポート

KDDIは10月17日、『au新商品発表会』を開催。2012年冬モデルとして、LTEサービス『4G LTE』に対応する9機種のAndroidスマートフォンと1機種のAndroidタブレットを発表しました。発表会の前半ではかなりの時間を割いて同社のLTEサービスの回線品質をアピール。サービスでは電子書籍サービス『ブックパス』が発表されました。こちらの発表会の模様をレポートします。

LTEサービスで『スマートパスポート』は完成

『スマートパスポート』の現状

発表会にはKDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇。「オープンインターネットの世界を様々なスマートデバイスからシンプル・シームレスに、安心して、お使いいただけるようにするサービス・イノベーション」をコンセプトとして1月に発表した事業『スマートパスポート』の現状をアップデートします。

『スマートパスポート』を構成するサービスの加入数は、スマートフォンユーザー向け月額サービス『auスマートパス』が250万、スマートフォン利用料の割り引きサービス『auスマートバリュー』が200万、『au one ID』に替わってユーザーを管理する『au ID』が1000万を突破。これらに加えてLTEサービスをAndroid向けにも11月から開始することで、『スマートパスポート』構想は完成したと明言。LTEサービスの説明に移ります。

「エリアの広がり」「電波のつながり」「auのこだわり」で回線品質をアピール

人口カバー率96%にコミット 2013年以降には112.5Mbpsに高速化

LTEサービス『4G LTE』については、「エリアの広がり」「電波のつながり」「auのこだわり」の3点にフォーカスして説明していきます。まず「エリアの広がり」については、2013年3月までに人口カバー率96%を達成することを表明。10月末の時点では84%を実現しているという、「垂直立ち上げ」のスピードも強調していました。他社では一部地域でしか実現していない下り最大75Mbpsの速度を「auは全エリアで実現する」(田中氏)として、2013年以降には112.5Mbpsの高速化も予定していると発表。

800MHz帯でLTEサービスを提供

「電波のつながり」については、日本全国でつながりやすい800MHz帯でLTEサービスを提供することを強調。

ピコセル Optimized Handover CSフォールバック

「auのこだわり」では、基地局の間で電波が弱い地域に小型の基地局『ピコセル』を設置して補完することや、地域によってLTEから3Gへ接続する回線を切り替える際、ユーザーの位置を把握してあらかじめ3Gへ接続要求する『Optimized Handover』、LTEのみの待ち受け状態で電話の着信を可能にして電力消費を抑制する『CSフォールバック』といった同社独自の取り組みを紹介。他社と比較した回線品質の良さをアピールします。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。