体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPadを買ったのに包みを開けたらメモ帳の束! 誕生日プレゼントを巡る受難

「誕生日プレゼントのiPadよ。さぁ箱を開けてみてちょうだい」
「…ママ、これはどういうこと?」

母親が娘にとびきりの誕生日プレゼントを渡すという微笑ましい光景。ところが、米国テキサス州在住のボビー・リンデンと娘は、ラッピングされた箱を開けた瞬間に凍りついたに違いない。iPadを購入したはずなのに、中に入っていたのはメモ帳(ノートパッド)の束。「ノー・アイパッド」というシャレにならない事態。

時計の針を数時間前に戻す。リンデンと夫はウォルマートでiPadを手に入れた。家でその箱を開けてから、彼女は購入した店舗にすぐさま戻り、担当のマネージャーに返金を求めた。しかし、店員の対応は「取り違えなどあり得ない」との一点張り。リンデンにとっては詐欺のような話だが、2時間半粘った挙句、結局返金にも交換にも応じてくれなかった。

このまま泣き寝入りかと思われたが、あきらめないリンデンは地元メディアにありのままを訴えた。すると事態が動き出す。ウォルマートが再調査した結果、リンデンは被害者であることが分かったのだ。というのも、北米ではiPadを注文し、中身を取り出した箱に、詰め物などで細工して返品する犯罪が増えているそうだ。何はともあれ、リンデンとその娘は無事iPadを受け取ることができたとのこと。

画像: リンデンの受難を伝えるウェブサイトのキャプチャー
http://www.imperfectparent.com/topics/2012/10/11/ipad-purchased-at-walmart-for-teens-birthday-stuffed-notepads-no-ipad/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会