体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天才ゲームクリエイター飯田和敏・インタビュー「もう泣きながら作った」

iidasan009

8月25日、Wiiウェアとして配信される予定の新作ゲーム『ディシプリン*帝国の誕生』(発売元: マーベラスエンターテイメント)。そのゲームデザイナーであり、クールでイカすルックスが人気の飯田和敏さんを独占インタビュー! 飯田さんはゲームを作るにあたり多くの人たちに迷惑をかけたとして、8月25日(火)に贖罪記者会見を生放送するらしいが、その前にインタビューを読んで危なさっぷりを堪能しよう!

・飯田からのお願いです
飯田 僕は嬉しいです。

記者 何がでしょうか?

飯田 前のインタビューでさ、僕は業務委託でマーベラスさんと仕事しているから、ゲームが完成した今、いくらこうやってインタビュー受けようが宣伝しようがノーギャラって言ったじゃないですか。

記者 ええ。

飯田 それがプロデューサーの耳に入りまして……。

記者 ほほう。

飯田 ギャラを検討してくださるそうです!

記者 良かったですね!

飯田 5000円くらいもらえるかな? これでいつも食べてる弁当を大盛りにできる……。

記者 言ってみるものですね。

飯田 マーベラスさんの宣伝してあげたくなりました。マーベラスから今度出る『王様物語』おもしろいよ! 『王様物語』買ってあげて! ゲーム雑誌の人にお願いです。マーベラスから『王様物語』のPRメール届いても無視しないで載せてあげて! 飯田からのお願いです。

記者 (笑)。でもあくまで検討ですから確実じゃないですよね。

飯田 えっ……そんな。

記者 確定してから喜んだほうが……。

飯田 やだ……。やだよそんなの……5000円ほしい。

・鳥のゲームなんです
記者 ゲームの話をしましょうか。『ディシプリン』は構想の期間がすごく長かったそうですね。

飯田 かなり時間をかけましたね。でも、『ディシプリン』ていう題名がついてから完成までは、そんなに長くないです。

記者 なるほど。

飯田 『アクアノートの休日』(プレイステーション)を作ったときから、次は鳥のゲームを作ろうと思っていたんですよ。でも「鳥の世界ってなんだろう? なんか難しいな」って思いつつ過ごしてて、ようやく形になった感じですね。『ディシプリン』が鳥のゲームだって知ってました?

記者 以前、ほかの人がプレイしているのを見せていただきましたが、鳥が出てくるところがありますよね。ほんのわずかですけど。でもほとんど収容所の中でyouコン使って、「エイッ!エイッ!」という感じで、あとは私の嫌いな独房みたいなところに閉じ込められて……はぁー。どうみても鳥がメインのゲームには見えなかったんですけど。本当に鳥のゲームなんですか? 「インタビューしている会議室にWiiを持ってくるのはめんどくさい」と言われちゃったので確認はできませんけど。

飯田 鳥のゲームなんですよ。

開発 鳥でしたっけ?

記者 ほかの人がプレイしているのを見ましたが、鳥が出てきますよね。でもまさか、あの鳥がメインのゲームだとは思いませんでした。

開発 鳥のゲームだったかな……?

飯田 鳥が主人公だよ。

開発 いえ、主人公は違いますよ……。それに鳥のゲームでは……。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。