体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小さくたって高クオリティ! 作品の歴史を濃縮したガチャ『ディズニーキャラクター シネマジックフィルム』

タカラトミーアーツが、ディズニー作品の歴史をたどる手のひらサイズのコレクション『ディズニーキャラクター シネマジックフィルム』シリーズを企画。ディズニーの世界観を忠実に再現した毎月全7種のガチャを、10月末より6ヶ月連続リリースします。

『ディズニーキャラクター シネマジックフィルム』は、長編アニメーション映画を中心とする歴代のディズニー作品の中から印象的なシーンを切り取り、立体化したもの。『蒸気船ウィリー』(1928)など多くのファンを持つ作品から、『骸骨の踊り』(1929)や『うさぎとかめ』(1935)これまであまり商品化されてこなかったものまで、貴重なラインナップとなっています。

フィルムに見立てたフレームが付いており、複数集めると横に連結してディスプレイすることが可能なので、集めれば自分だけのミニギャラリーが完成。

『三匹の子ぶた』(1933)

『かしこいメンドリ』(1934)

『白雪姫』 (1937)

『小さなインデ ィアン ハイアワサ』(1937)

1個200円という価格ながらクオリティにも徹底的にこだわり、ディズニーキャラクターの豊かな表情や躍動感あふれる動きがそのまま表現されています。

6ヶ月連続企画を盛り上げるための施策として、オリジナルディスプレイケースが当たるキャンペーンや、店舗への専用コーナー設置、全国でのイベント展開も予定しているそうです。

『ピノキオ』や『ダンボ』の表情が可愛いvol.2は11月発売予定。ディズニーの世界観がギュっと凝縮された『ディズニーキャラクター シネマジックフィルム』は、ディズニーファン、ガチャファン、フィギュアファンの大きな注目を集めそうです。

ディズニーキャラクター シネマジックフィルム
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/cinemagic/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会