体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ドコモ2012年冬モデル】全モデル100MbpsのLTEに対応 Android 4.1を含むスマートフォン9機種+タブレットがお披露目された発表会レポート

【ドコモ2012年冬モデル】全モデル100MbpsのLTEに対応 Android 4.1を含むスマートフォン9機種+タブレットがお披露目された発表会レポート

NTTドコモは10月11日、『2012冬モデル 新商品・新サービス発表会』を開催しました。Androidスマートフォン9機種、Androidタブレット1機種が発表され、全モデルが11月に一部地域から開始する下り最大100MbpsのLTEサービスに対応するのが特徴。クアッドコアCPU、大容量バッテリーの搭載、モバキャス放送『NOTTV』やNFC(近距離無線通信)対応モデルの拡充などがトピックとなった今回の発表会の模様を、端末の情報を中心にお届けします。

※記事には多くの写真を掲載しています。すべての写真がご覧になれない場合はガジェット通信をご覧ください

冬モデルのトピックとなる5つのキーワード

代表取締役社長の加藤薫氏

発表会には代表取締役社長の加藤薫氏が登壇。スマートフォン・タブレット冬モデルのトピックを「100Mbps」「クアッドコアCPU」「大容量バッテリー」「NOTTV」「NFC」のキーワードで紹介していきます。

100Mbps

まず、LTEサービス『Xi(クロッシィ)』は11月の冬モデル発売と同時に下り最大100Mbpsに一部地域から対応することを発表。正確には、11月から新潟市、富山市、金沢市、福井市、松山市、松前町、徳島市、藍住町、高松市、綾川町、高知市、那覇市それぞれの一部地域で対応し、エリアを拡大していきます。『Xi』の対応エリアは2012年度末には基地局を2万3000局設置し、人口カバー率を約75%にしていくとのこと。同時に新幹線の全駅と全国28の空港がエリアに入り、下り最大75Mbpsのサービスを全国の県庁所在地へ拡大していくことが発表されました。

クアッドコア

クアッドコアCPUを搭載するのは、タブレットを含む6機種。動画やゲームを中心にスマートフォンを使いこなしたいユーザーへパフォーマンスを訴求していきます。

大容量バッテリー 急速充電

スマートフォンではバッテリーの大容量化を進めます。9機種中5機種が2000mAh以上のバッテリーを搭載し、9機種の平均は約2140mAh。夏モデルの約1740mAhと比べて、約23%の容量アップを図っています。充電速度が従来の1.5倍から2倍になる新しいACアダプターの提供も発表されました。

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。