体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iOS6マップで日本の地図も3D表示に対応! 東京タワーがビルになり駅は謎の壁になる

アップルのスマートフォンおよびタブレットの最新OSであるiOS6では、『Googleマップ』を排除しアップル製の地図アプリとなった。しかしそのアプリがスカスカで使い物にならないとリリース前から話題になっておりユーザーは不安を隠しきれなかった。実際にリリースしてみると、予想通りアップル製地図アプリは使い物にならず、施設名や道路がなかったり、新しい建物は記載されていなかったりと地図としては全く使い物にならないさんざんなものであった。

そんなiOS6の地図が、日本でも3D表示に対応されたのだ。しかし3D表示に対応したといっても、またトンチンカンな物ばかりで、東京タワーがビルになっていたり、お城が四角だったりする。これは形状はともかく高さ情報のみを入力したために起きた現象である。

中には六本木ヒルズのように形状も本物に似ている物もあるが、多くの建物は四角のままである。そのほかビルくらい長い柱が立っていたりと謎だらけの3Dマップ。3D表示よりも地図の内容を優先してほしいものであるが。

ちなみに海外(ロサンゼルスやシアトル)は、ベクターの写真ではなく実写テクスチャーを使った3D地図にも対応している。日本の地図が実写3D地図になるのはいつなのだろうか……。

【アプリ】『Googleマップ』アプリがなくても安心! 『Maps+』でGoogleマップが使えちゃう

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会