体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【実戦レビュー】見た目が本気すぎる『ペットボトルランチャー』を撃ってみた

ペットボトルランチャー

原理は簡単だが、本気だ

ペットボトルランチャーRPG-7』(以下『ペットボトルランチャー』)は“ペットボトルロケット”の原理を利用した大人向けの玩具だ。

一般的なペットボトルロケットは、炭酸飲料水のペットボトルに少量の水と圧縮した空気を入れて飛ばす、というもの。この『ペットボトルランチャー』も原理は全く一緒なのだが……小学生の工作とは違い、“見た目”や性能もかなり本格的なのだ。

外観(外箱)

外観はソ連の開発した歩兵用・対戦車兵器『RPG-7』がモデルとなっている。
ステンレスとアルミ、塩ビと耐久性に優れた素材で構成されており、発射性能は「20m~35m」とされている(公式射撃データより)。また、上空へ向けて撃つ場合は航空法の規制を受けるなど、大人の配慮が必要な“玩具”なのだ。

そのため本品は、18歳以上が対象となっている。

……とまあ堅苦しい書き方になったが、作って撃つのはものすごく爽快だった。「実射」も含め、追々紹介していきたいと思う。

組み立てに必要なもの

『ペットボトルランチャー』の製造販売は新潟県三条市の「有限会社マルダイ」。三条市は包丁や工具などの金物の工業が盛んな地域としても知られている。ものづくりが盛んな都市ならではの製品と言えよう。

完成品の全長は約950mm、重量は約3.0kg(弾頭除く)となっている。なかなか大きいぞ……。

説明書完成図

パッケージサイズからして(610*420*145mmと)もう既に大きい。ガンプラでいうとMG(マスターグレード)『アッガイ』(1/100)の箱2つ分に近い大きさだろうか。わかりづらかったらすまない。

箱

ボックスアートは、しずまよしのり氏によるもの。ポップだが全体に高級感があり、メーカーの本気度やこだわりが伝わってくる。

ボックスアート

このキット、制作に必要なものがいくつかある。

必要なものの一部

・多目的用途接着剤(コニシ『G17』、『ウルトラ多用途』など硬質プラスチックと金属の接着ができるもの)
・塩ビパイプ用接着剤
・空のペットボトル(炭酸飲料、1.5リットル)
・ビニールテープ
・両面テープ
・カッター、カッターマット
・プラスドライバー、マイナスドライバー

あと、必要に応じて紙ヤスリ(400番程度)やゴムハンマーなどがあるとより便利かもしれない。

今回は行わなかったが、作例に準じて塗装すると、かなり見栄えが変わってくる。その際は塩ビパイプや金属への“食いつき”が良い塗料を選ぼう。

塗装作例
1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。