体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界初! ケータイ小説を簡単編集でカラフルなミニ本にするサービス

mamebon

フォト雑貨作成サービス『logpaper』を運営するコンテンツワークスは、ケータイ小説サイト『野いちご』を運営するスターツ出版と提携し、『野いちご』に投稿したケータイ小説を1冊からミニ本にできる『logpaper novel(ログペーパーノベル)』をスタートしました。1冊から作ることができ、40ページで1260円(税込み、送料別)です。

『logpaper novel』は、『野いちご』に投稿した小説を、ウェブ上でワンタッチ編集流し込みでミニ本にできるサービスです。『野いちご』で発行されるキーを入れてボタンを押すだけで、表紙、目次、章トビラ、本文、奥付まで自動配置できます。文章の整形、編集やイラスト挿入も可能です。

mamobon2

大きさは文庫本より少し小さめの手のひらサイズ。写真が入る帯も付くなかなか豪華な装丁です。カバーの色は、パステルカラーからシックな色まで16色から選択可能で、本文フォントも丸ゴシック、ゴシック、明朝の3種類から選べます。

9月下旬以降には、本を注文した後、『野いちご』編集部に応募して審査に通ると、『野いちご』サイト内で『野いちご文庫』として販売を予定しています。注文は1冊から可能で、40ページで1260円(税込み、送料別)。40ページ以上は、4ページごとに60円ずつ加算されます。発注後、約10日間で手元に届くそうです。

今までは「本になる」といえば、「この本なら売れる」「読まれるだろう」という予測のもとに、出版社から発売されて書店に並ぶことがイメージされていましたが、ケータイ小説を中心に小説を書きたい人が増えた今、こういった著者向けに本を作るサービスが生まれるのも当然かもしれません。いわば、読者のための本ではなく、まずは著者の「本にしたい」という意思のもとに本が作られる時代ということでしょうか。
 
 

■関連記事
美術館や博物館のチラシを『iPhone/iPod』で手に入れる『Museum-Cafe Monthly Guide』
国内初の電子新聞販売・配信サイト『新聞オンライン.COM』がスタート
橘川幸夫×小林弘人、世界初(?)メディア漫談ユニット『メディア問題』結成

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。