ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フランスがマンガ読者数世界第二位? 

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
FrenchVer. Manga

日本のサブカルチャーは海外でもとても人気のある娯楽の一つです。フランスは世界で日本の次に一番良くマンガをよく読む国で、年間1500万冊以上の販売、9500万ユーロ(役95億円)の売上を誇ります。フランス語の辞書にもmangaという言葉が載るほど、フランス人に親しまれ、読まれてます。
中でも人気があるのは、やはり少年ジャンプ系で『ドラゴンボール』、『ワンピース』、『ブリーチ』、『NARUTO』などが人気作品で、本屋はもちろん、家電量販店のゲームコーナー、大型スーパーでもみかけるほどです。
どのように、日本のマンガがここまでブームを巻き起こしたのか少し歴史を紐解いてみましょう。

フランスにはもともと、アメコミ風のbande dessine(バンッデスィネ)という文化があり、(タンタンの冒険など)戦後の少年たちがよく読んでいました。それから数十年が経ち、1970年代にBushido magazine Europe というものが発行され、日本の侍や柔道の紹介がされた漫画が載せられていました。

City Hunter

70年代後半に『火の鳥』や『ゴルゴ13』も載せられるようになりました。1979年に石ノ森章太郎先生の佐武と市捕物控が初の単行本となり、後に『キャンディ・キャンディ』、『はだしのゲン』などいろいろ発行されましたがあまりヒットにはならなかったそうです。
初のヒット作は1990年に発行された大友克洋先生の『アキラ』で、そこから『シティーハンター』、『ドラゴンボール』、『らんま1/2』、『セーラームーン』など数々の名作漫画が広まって行きました。1990年後半になりどんどんマンガのマーケットも広がっていき、今のフランスのmangaブームに至ります。

ここでフランス語版の『OnePiece』のmangaのプレビューが見れます
One Piece Vol50 Preview

OnepieceEdGlenat

このようにして、フランス人に日本のマンガは愛され親しまれてきたのです。なぜなら、マンガと言うものは、恋、喜び、悲しみなど、世界中の人達が共感できるものをテーマにしたものが多いからです。
なんと今では漫画家養成所なるものも出来ています。
AAA (http://www.aaaparis.net/Manga/fr/)

もしかしたら、数年後にはフランスのmangaが日本で読まれる日が来るかも。

※画像はMangas-Newsより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「千夜(.SeNYa)」が執筆しました。[リンク]

千夜(.SeNYa)の記事一覧をみる ▶

記者:

フランスのニースに住んでいるフランス人。

TwitterID: @SEnNoYoRuSeNYa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。