ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ネギマガ】本日よりファミマで発売の『初音ミクまん』を12個冷凍状態で大人買い! 編集者「ミクちゃんをペロペロできるおー」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


本日より全国のファミリーマートで販売が開始された『はちゅねミク肉まん(以下、ミクまん)』。過去には『ドラゴンクエスト』とのコラボレーションで『スライム肉まん』も発売されたが、今回は初音ミク5周年ということで、『ミクまん』が発売されることになった。

※全ての画像がご覧になれない場合はこちらからご覧ください。

そんな本日、早速ガジェット通信編集部は近所のファミリーマートに行き、『ミクまん』を買いに行くことした。近所のファミリーマートで『ミクまん』を物色し「すいません、ミクまん5個くだせぇ」と注文。すると店員さんは「12個買うと箱入りで購入できますよ」と思わぬ発言。箱買いを推奨してきたのである。しかも箱買いするとスチームしてあるものではなく冷凍状態のミクなのである。そんなわけもあり箱入りの冷凍状態の『ミクまん』(12個)と温められていた『ミクまん』を3個、計15個を購入したのであった。


「ミクちゃんをペロペロできるおー(本当に言った)」とスキップしながら編集部に戻る一同。実際に箱を開けてみると生首が敷き詰められているようで、少しグロテスクでもある。冷凍箱の中は6個入りの肉まんが2袋、計12個入っているのである。『はちゅねミク肉まん(ネギ塩味)』と書かれており、賞味期限は2013年12月21日となっている。冷凍物なのでこれくらい持つのだろう。しかし肉まんそのものは井村屋が製造している肉まんなので、味には保証ありである。


そんなわけで編集者ダーサオ(妻子有り)が試食してみることに。こちら試食するのは、冷凍してあるものではなく、店頭で温められていた物。一口食べると顔が香ばしくなり「うめぇ、肉のジューシーさとミクちゃんチュッチュで二重にうめぇザンス!(本当に言った)」と編集部で騒いでいた。そんなミクまんであるが、通常はお店では1個180円で購入することができる。

また肉まんごとに微妙に顔の形が異なるのが愛嬌があって実に良い。細かいところだが、1個1個のミクまんの顔の違いを見比べながら食べると楽しさも倍増するかも。


ファミリーマートでは、『ミクまん』以外に初音ミクのコラボグッズが店頭で売られており、CD、ノート、付箋、ボールペンなどミク三昧なのである。ファミリーマートの色がミクの色をしているからミクと同化したのだろうか?

冷凍ミクを調理してみるも……

では、今度は箱買いした冷凍されているミクまんの方である。袋には「レンジで温めないでください」と書かれているが、レンジでもおいしく温められる方法があるのだ。方法は実に簡単。凍っているミクまんを軽く水で濡らし、お皿の上に乗せる。そのあとラップを軽く被せて電子レンジで1分30秒間温めれば良い。このときに注意しなくてはいけないのが、ラップをピタっと被せてはいけない、という点。ピタっと空気が出ないように被せると、温め終わった後にラップでミクまんが圧縮されてしまい、おせんべいみたいに小さくなってしまうことがあるのだ。その結果が下の写真である。

味は変わらないが、何かかわいそうな形なので、できればふっくらと可愛く調理してあげたい。そもそも、冷凍状態のまま『ミクまん』を購入する人はあまりいないと思うが、仮に購入した場合はこの点をご注意。

ファミリーマートではこのほかにも数々の企業とコラボを行っている。お茶に、やきそばに……。初音ミクはもやはただのDTMではなく日本を代表するバーチャルアイドルになったのだなと実感した日であった。


※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP