ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

タニタ、Bluetoothで計測データをAndriodスマートフォンに転送できる体組成計インナースキャン「BC-505」を発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

タニタがBluetooth通信機能を備え、Andriodスマートフォンに計測データを送信できる体組成計インナースキャン「BC-505」を発売しました。カラーは価格はオープン。Amazonやビックカメラでは約2万円で販売されています。

このインナースキャンでは、体重、体脂肪率、筋肉量、推定骨量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、体水分率、BMI(体格指数)の9項目が計測することができ、Google Playストアで無料で提供されているAndroidアプリ「a-Tanita タニタ 体組成計アプリ」をインストールすることで、Androidスマートフォンにデータを転送、アプリを通じて計測データを管理することができます。通信はBluetoothにて行われます(v2.0+EDR対応)、対応するのはAndroid 2.1以上を搭載した端末です。ほとんどの端末で利用できると思います。

Androidスマートフォンで受信した計測データは、時系列でグラフ表示すること、目標値を設定することができます。計測データのうち、3項目を一画面に同時に表示させることもできます。

現時点で計測データはスマートフォン本体に保存されますが、タニタは今後、データをサーバ上で管理できるようにんすることに加えて、タニタのネットサービスとのデータ連携機能をアプリに追加することも計画しています。

Source : タニタ(プレスリリース)



(juggly.cn)記事関連リンク
Archos、”Element”シリーズの9.7インチAndroid 4.0タブレット「Archos 97 Carbon」の販売を開始、価格は$249.99
デュアルSIM対応Androidスマートフォン「Optimus L3 Dual」がインドで発売
米Lenovo、「IdeaTab A2105」「IdeaTab A2107」「IdeaTab A2109」を今年9月に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。