ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

エスプレッソにソーダって……さわやかなのか想像がつかないサントリーの新商品『エスプレッソーダ』意外にイケル飲み方

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
エスプレッソにソーダって……さわやかなのか想像がつかないサントリーの新商品『エスプレッソーダ』意外にイケル飲み方

サントリーから7/31に発売された『エスプレッソーダ』。エスプレッソ好きな筆者としては気になる存在なのだが、加わるのがソーダという微妙な組み合わせのため、商品を手に取るのを何度もためらっていた。微妙だがどうしても気になっていたこの商品を「もしかしたら、夏の必需品“アイスコーヒー”を上回るさわやかさを提供してくれるかも」という淡い期待のもと、とりあえず飲んでみることに。その感想は……。

ボトルの見た目は悪くない、一応さわやかそうだ。

そのまま一口飲んでみる。

え……これは、甘い。そしてなんというか、コーヒーを入れていたグラスに間違ってコーラを入れてしまったような。はっきり言ってさわやか……とは言えない。

しかしこれだけではこのドリンクの良さがわからないかもしれない。そうだ! これはカルーアに似た存在だ、ということはカクテルのように考えればいけるかも。ということで、「コーヒー」「カルーア」「カクテル」などで検索。とりあえずいろいろ試してみることにした。

・カルーアソーダ風
まさにビンゴの“カルーアソーダ”というものも。マジ!? でもコーヒー酎なんてのもあるんだから、アリなのかも。

カルーアってラム系だよね。ラムを探したが、見当たらなかったので、とりあえず手近にあったテキーラを入れてみることに。

一口飲んでみる。あれ、おいしい。これいける。お酒は焼酎とか何でもよさそう。

カルーアソーダ風

・スミス・アンド・ウェッソン風
カルーアにソーダとミルクを入れるカクテルもあった。その名も“スミス・アンド・ウェッソン”。ルパン三世の次元大介愛用の銃の名前ではないか。これは期待できる(根拠なし)。

氷を入れたグラスに、『エスプレッソーダ』を入れて、牛乳を入れてみる。見た目はおもいっきりカフェオレ。

あれ、これけっこう飲みやすい。これはちょっとアイスカフェオレを上回るさわやかさかも。お酒を入れてもおいしそう。

スミス・アンド・ウェッソン風

・カリビアンモヒート風
更に、モヒート風のカクテルも。コーヒーのウォッカ漬けに、スペアミント、ライム、ソーダで作るとのこと。

ライムがなかったので、ここは『エスプレッソーダ』にミントで。氷を入れたグラスに『エスプレッソーダ』とミントをちぎって入れ、スプーンで少しつぶし、ミントのエキスがある程度出てきたところに更に『エスプレッソーダ』を注ぐ。

あら、これもおいしい。こじゃれたカフェのメニューにも出てきちゃってもいいかも。もちろんお酒も合うでしょう(確信)。

カリビアンモヒート風

というわけで、『エスプレッソーダ』はカクテルの割り物として使うとイケルことが分かりました。そのままではちょっと、という人もぜひおためしあれ。

おうちにあるお酒でコーヒー風味のカクテルが手軽にできちゃいますよ。

サントリー『エスプレッソーダ』
容量:330ml(ペットボトル)
希望小売価格:140円

サントリー『エスプレッソーダ』特設サイト
http://www.suntory.co.jp/softdrink/espressoda/

020の記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: miho020

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。