体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、米国のGoogle Playストアでテレビ番組と雑誌の販売、映画のダウンロード販売を開始

Googleは、現地時間27日のGoogle I/Oカンファレンス初日の基調講演の中で、米国のGoogle Playストアにおいてテレビ番組と雑誌の取扱いと映画のダウンロード販売を開始すると発表しました。

テレビ番組はエピソード、シーズンで販売されています。雑誌は号単位、定期購読で販売されています。映画は従来、レンタルのみで販売されていましたが、新たに買い取ることもできるようになりました。日本のGoogle Playストアでも映画の販売は行われていますが、ダウンロード販売はは今のところ行われていません。また、日本でも行うのかどうかということも明らかにされていません。

テレビ番組は、ダウンロード販売で提供されており、購入時に画質を選ぶことができます。エピソード1本の価格は$1.99がほとんど。シーズンで購入すると割引されます。

雑誌は号で購入することも、月単位・年単位で課金する定期購読でも購入できます。

映画の買い取る場合は、品質をSDまたはHDから選ぶこともできます。

Source : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、ARROWS X LTE F-05Dのソフトウェアアップデートを開始
「Googleドライブ」、「Googleカレント」のAndroidアプリがアップデート
「AUOQS PHONE SH-09D」とヱヴァンゲリヲンコラボモデル「SH-06D NERV」が本日発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。