体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版Firefox 14が正式リリース、アプリUI刷新・パフォーマンス向上・Flash Player対応

MozillaのAndroid向け『Firefox』ブラウザの新バージョン『Firefox 14』が正式版となって『Google Playストア』にリリースされました。先週末に『Twitter』で予告していた「何かBIGなものが来る」というのは、この正式版のことだったみたいですね。

新バージョンでは、AndroidネイティブのUIを採用しデザインにリニューアルしたこと、アプリの起動、ウェブページの読み込みやパン/ズーム操作、ウェブアプリの動作など全体的にパフォーマンスを向上したこと、Flashプラグインに対応したことが大きな特徴とされています。パフォーマンスについて、Mozillaが開発したウェブ体験を測定するためのベンチマークアプリ『Eideticker』のおいて、標準ブラウザよりも約2倍、『Firefox 10』よりも3倍ほど高いCanvasのレンダリングパフォーマンスが得られたとのことです(Android 4.0.4の『Galaxy Nexus』を使用)。アプリのトップ画面は新しくなり、頻繁に見るページが自動的に表示されるようになっています。

従来は左右へのスワイプ操作で左右にタブとツールバーが表示されていましたが、新バージョンでは廃止されています。タブはブラウザ右上にあるボタンから切替可能です(タブが複数開かれている場合はタブ数が表示されます)。

Flashプラグインへの対応で、Flashゲームなどで遊ぶことができるようになりました。Flashの動作確認などは、www.kongregate.com/ にアクセスしてみると良いでしょう。Flashプラグインはデフォルトで「タップして実行」に設定されていますが、アプリ設定メニューを開き→「プラグイン」から変更できます。

主な新機能は以下の通り。

・起動やページの読み込みを高速化
・UIを完全に再設計、新しいスマートスクリーンを追加
・スタートページを再設計、トップサイトによく見るページ一覧)を表示
・Adobe Flashプラグインに対応
・文字サイズの自動拡大機能を追加
・パンとズーム操作を高速化、タッチ応答性を向上
・Google 検索を SSL 暗号化通信に変更
・なぜか、タブレット専用UIが廃止されていたりします

Firefox 14』(Playストア)
Source : Mozilla



(juggly.cn)記事関連リンク
ドイツでEvo 3D(GSM/WCDMA版)のAndroid 4.0アップグレードが開始
NTTドコモ、しゃべってコンシェルをv2.0にアップデート、Q&A機能を追加
花火大会検索アプリ(2012年版)が続々とリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。