体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アプリ】サイバーエージェントの超美人女子社員3人が公開ダイエットに挑戦! その結果は?

尾端安奈

年中ダイエットしている女性達。ダイエットしたくても挫折してしまい再度ダイエットの繰り返しではないのだろうか。そんなダイエットを日々楽しくできるアプリ『GIRLS UP(ガールズアップ)』がリリースされた。

『GIRLS UP』は、女子同士で毎日のダイエットを報告しあい、切磋琢磨しながらダイエットを頑張るスマートフォン向けの女性限定ダイエットSNS。数十個あるダイエットプログラムの中から、実践するプログラムを選択し参加、毎日のダイエットの進捗をカレンダーに記録することが可能。友達のダイエットの進捗状況が、フィードに表示されるので、お互いの状況を把握することで友人と一緒にダイエットを楽しく継続することができる。また、ダイエットを達成すると、『GIRLS UP』オリジナルの可愛い画像がもらえるなど、ダイエットを楽しく続ける仕掛けが多数あるとか。

そんな『GIRLS UP』リリース前に本サービスについてプロデュースを務めた尾端安奈氏に話を聞くことができた。

女性専用『GIRLS UP』とは?

記者 この『GIRLS UP』ってどういったサービスなんですか?
尾端安奈(以下、尾端) 『GIRLS UP』がどういったものかと言いますと、女子同士で毎日のダイエットを一緒に頑張る女性限定ダイエットSNSです。ダイエットプログラムがいくつか存在しておりまして、そこにユーザーが参加します。そこに友達を誘う導線があるので、一緒にダイエットプログラムを行って進捗を報告しあえるわけです。いわゆる達成感を味わえるんですね。
記者 これってSNSとうたっていますが、基本的にはクローズドなんですかね?
尾端 オープンなんですが、一部情報はクローズできます。見られたくない情報(体重など)は非公開設定でき仲間内だけに公開もできます。

記者 プログラムはいくつあるんですか?
尾端 リリース時には20個で週毎に10個ずつ増えて行きます。
記者 ゲームでいうところのクエストみたいな感じですね。
尾端 そうですね「TODO」みたいな感じです。写真も投稿できるので、夜何食べたかとか、そういう情報も共有できます。また『Facebook』などへのコネクトも出来るようになっていますので『Facebook』の友人にも自分がダイエット中だということを共有できます。

1人がサボると連帯責任になる

記者 1人だけ達成出来なかったらどうなるんですか?
尾端 達成率というのが減っていくんです。連帯責任なのでその辺も少し関係してきますね。自分だけでなく他人にまで迷惑を掛けてしまうという。
記者 これって女性限定なので男性は使えないという立て前になってますが。
尾端 完全に使えないというわけではないですが、「みんなで頑張る」というコンセプトは女性の方が向いていると思います

きっかけは受付嬢

記者 この『GIRLS UP』を作ろうと思ったきっかけけは?
尾端 私、過去にアルバイトをやっていまして、受付をやっていました。そのときのみんなの美意識が高くてキレイなのに常にダイエットとか言っているんですね。キレイな子ほど、ダイエットしているなと。そういったニーズってあるんだなと思い作りました。
記者 もしも受付をやっておらず周りの人も美意識が低かったらこのアプリは生まれていなかったんですね。
尾端 そうかもしれませんね。
記者 男版も作ってほしいなあ……。

そんなわけでこの『GIRLS UP』でどのくらい痩せることができるのか、実際にサイバーエージェント女性社員が実験台となってみたい。本当に効果が出るのか、それとも全員ぶくぶく太るのか。挑戦するのは以下の3名。全員美人ばかりでやせる必要があるのだろうかと言う人ばかりだ。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。