体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3200万人以上を抱きしめた女性

3200万人以上を抱きしめた女性

世界中で人々を抱きしめて癒やす「抱きしめる聖者」と呼ばれる人物がいるという。国連に招かれて講演を行い、平和に貢献する賞を数々受賞し、アメリカのCBSテレビでは「世界中でもっとも影響力のあるスピリチュアアル・リーダーのひとり」としてローマ法王やダライ・ラマらと並んで紹介されている。その人、“アンマ”に抱きしめられるイベントが日本で行われるらしい。

そんなスゴい人がいるなんて聞いたことがない。ローマ法王やダライ・ラマと横並びで語られるのに! 私が無知なだけ??
事実を確認すべく、5月27日(日)~29日(火)の3日間、東京会場(ガーデンシティ品川)で行われた人道的慈善活動『エンブレイシング・ザ・ワールド(ETW)』の東京会場に足を運んでみた。

無条件の愛を持って抱きしめる

彼女はシュリー・マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィという59歳の女性で、世界中で「アンマ(お母さん)」と呼ばれている。

3200万人以上を抱きしめた女性

1953年に南インドのケーララ州の小さな漁村で生まれた。9歳のときに母が病に倒れ、家事と7人の兄弟の世話をするために学校を退学。ヒンズー教の家庭で育ったアンマは、厳しい労働のなかでも常に神を忘れなかった。貧困や苦しみにあえぐ人を目の当たりにし、自分の食べ物や洋服を与えて世話をするうちに、恵まれない人たちを抱きしめるようになったという。たとえそれが男性であっても。インドの田舎町、しかもヒンズー教徒となると、それが非難の対象になったのは想像にかたくない。それでも彼女は抱きしめずにはいられなかったのだ。無償の愛をもって人を抱擁するアンマ。彼女の元を訪ね抱擁される人はどんどん増え続け、現在までに3200万人以上になる。

なんと今年で既に22回目の来日!

初来日は1990年で、今回で22回目になるそうだ。そんなに何度も日本に来ているのに、あまり知られてないのはどうしてだろう? アンマの抱擁を受けるため、日本全国から続々と来場者が押し寄せる。訪れた人々を全て抱き終えるのは深夜になることも珍しくないという。抱擁は「ダルシャン(darshan)」とも呼ばれ、サンスクリット語で“偉人や聖者との接見”という意味。インド、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、スリランカ、シンガポール、マレーシア、カナダ、アフリカ、南アメリカなど、世界中無料でこの抱擁は行われている。

3200万人以上を抱きしめた女性

アンマの指輪

今回の会場でも、朝からアンマの抱擁を受けるための整理券が配られていた。私が訪れたのは月曜の夜21時過ぎ。入口で整理券の列に並ぶ数十人、会場内で椅子に座って抱擁を待つ人がザッと見て数百人。本やDVD、献花、グッズコーナーを見ている人もかなりいた。日曜日はもっとすごい人だったらしい。
何だかちょっとアヤシげな宗教団体みたいにも思えるが、この『エンブレイシング・ザ・ワールド』というプロジェクトは、アンマが代表を務める『マーター・アムリターナンダマイー・マート(MAM)』という国連から特別諮問資格を授与されたインドの国連提携のNGOが運営している。日本ではNPO法人『国際チャリティ協会アムリタハート』が運営。『MAM』はインドだけではなく、ハイチ地震、フィリピン・マニラの大火事などの災害被害の救援活動を行い、2011年には東日本大震災の復興支援として、宮城県知事に直接“みやぎこども育英基金”として100万USドルの寄付を行っている。アンマ本人も被災地を訪れ多くの人を抱擁したそうだ。ちなみにグッズなどの売上は100%インドの『MAM』の活動にあてられるのだそう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会