体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

政策オーディション:政策提言発表(1)「公務員社員化計画」橘川幸夫氏

政策オーディション:政策提言発表「公務員社員化計画」

政策オーディション:政策提言発表「公務員社員化計画」 
発表者:デジタルメディア研究所 所長 橘川幸夫氏

政策オーディションの政策提言の発表の様子をテキスト書き起こしでお伝えいたします。
今回の発表者は橘川幸夫氏。発表タイトルは「公務員社員化計画」です。

「政策オーディション」実行委員会(五十音順)

朝比奈一郎   青山社中株式会社筆頭代表CEO、秀明大学客員教授
磯山 友幸   硬派経済ジャーナリスト
鈴木 崇弘   城西国際大学客員教授
世耕 弘成   参議院議員
鶴見 樹里   GRAPH取締役
松田 公太   参議院議員
馬淵 澄夫   衆議院議員
(事務局:東京プレスクラブ)

プレゼン資料

橘川幸夫氏の政策提言プレゼン資料「公務員社員化計画」

プレゼン動画

http://youtu.be/-gwLrR2CW1Q

橘川幸夫氏の提言

よろしくおねがいします。
 私、政治も行政も素人の立場でございまして、イチ国民としてアイディア的なことを紹介させて頂きます。実務的なプレゼンテーションというよりも、もうちょっと考え方とかコンセプトとして受け取って頂けたら嬉しく思います。もしかしたらトンチンカンなことを言うかもしれませんけど、その辺は、ご了承頂いて、よろしくお願いします。

 私が一番感じるのは、現状、増税の問題があって、消費税をどうするのかというテクニカルな話がありますけども、イチ国民としては、そういう技術的なこととか数字的なことよりも、増税すれば僕らが幸せになるのかという感じがしないんですよね。じゃあ、増税しなければ幸せなのかといえばそうでもないと。

 その辺のなんか、こうわだかまりみたいなのが残って、それは色々考えると、基本的に今の国家予算の中身の大半が人件費だ。要するに公務員に対する給料だと。だから今首相がですね「増税しないと国が潰れる」とおっしゃっていますけど、潰れるというよりも、要するに給料が払えなくなる、公務員に給料を払えなくなるというのが危機と言ってるのではないかと。で、それは実は、一般の僕らにとっては、ちょっと違うんじゃないの?
というところがあるような気がするんです。

 これが民間企業の場合だと、リストラは最後の手段で、その前にやることは、とにかく効率をよくするということと、それと業務の配置転換です。簡単にいうと、売上の立たない管理部門の人間を移動させるわけです。例えば経理やっている人間を「お前、ちょっと営業にいけ」とか。ちょっと乱暴ですけど、稼いでこいと。工場に行って働いてこいと。リストラは最悪最後の手段なんです。
一度社員になって抱え込んだ人はやっぱり簡単にクビはきれない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会