体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キネクトのように操作するパソコンのインタフェースが凄い! 商品化されたら革命が起きるかも

『Xbox360』のインタフェースデバイス『キネクト』のようにジェスチャーで操作する画期的なパソコン用デバイスが開発された。『LEAP』というデバイスで、机の上に小型な箱が置かれているだけ。この箱の上で指を動かすと画面がそれに応じて動くジェスチャー操作ができるという物だ。

カーソル操作からフリック、スワイプなど様々な操作を手ぶら状態で行える。更にペンも使用可能で、タブレット代わりに使うことができるようだ。未知の可能性を秘めている新デバイス『LEAP』だが、もしかしてWindows8に貢献するかもしれないぞ。

そんなわけでこのデバイスで活用できそうな内容一覧。

・ギャルゲーで彼女と手を繋ぐ
・フォトレタッチソフトで画像回転やトリミング、拡大縮小
・ボクシングゲーム
・文字入力をフリック操作

『LEAP』の動画

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。