ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたの性格は何型? みんながもっている5つの顔

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

人はいろんな性格をもっています。明るい人や大人しい人、きつい人や変わった人など、“十人十色”とはよくいったものです。人の性格はそれぞれ違いますが、エリック・バーンという心理学者によると、どんな人でも5つの顔をもっているそうです。それでは、5つの顔とはどんな顔なのでしょうか。

1:大人の顔

大人の顔とは冷静で計画的、合理的な考えをしている時に出てくる顔です。会議やまじめな話の時に“大人の顔”は出てきます。まじめで冷静な人はこの顔がよく出る人といえます。

2:父親の顔

父親の顔はルールや常識を守ろうとするときに出てきます。誰かを叱ったり、指導するときに出てきます。正義感の強い人はこの顔が出やすいです。

3:母親の顔

優しさや思いやり、包容力がありますが、おせっかいな一面もある顔です。誰かをなぐさめたり、助けてあげるときに出る顔です。「親切だね」とか「あの人は優しいよね」と言われる人は母親の顔が出やすい人です。

4:素直な子どもの顔

協調性があり、周りに合わせることを大事にする顔です。上司の指示に従うときや、だれかに合わせたりするときに出る顔です。いつも周りに気を使ったり、大人しく周りに合わせる人は、素直な子どもの顔が出やすい人です。

5:自由な子どもの顔

自由な発想力や豊かな感受性、アクティブな面をもつ顔です。新しい事業の計画を考えたり、遊んだりしているときに出る顔です。いつも元気で遊び心をもっている人は自由な子どもの顔を出しやすい人といえます。

人にはそれぞれ出やすい顔と出にくい顔がありますが、みんなが等しく5つの顔を持っています。
例えば、いつも仕事で厳しい鬼上司と呼ばれる人が、家に帰ると奥さんに頭のあがらない恐妻家になってしまうことがあります。仕事のときは“父親の顔”で奥さんの前では“素直な子どもの顔”が出ているのです。逆にマジメな会議をしているときや、上司に怒られている時でも関係なく“自由な子どもの顔”を出してしまうと「空気のよめない奴……」と思われてしまいます。

「まわりにあわせすぎる自分が嫌」とか「いつも良い人でいようとして疲れる」という人や「どんな場所でもふざけてしまう」という人は、性格がパターン化して、どんな場所であっても同じ顔しか出していない人です
人は誰でも、自分の意志でやさしくなったり、厳しくなったり、甘えたり、素直になったりできます。自分がどんな顔が出やすいか意識してみて、いつもはあまり出さない顔を出すようにしてみると、コミュニケーションの幅や対人関係でのつながりが拡がっていきますよ。

画像:『GATAG Free Photo』Hamner_Fotos
http://www.gatag.net/04/18/2010/150000.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「浅川クラゲ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP