体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

統合失調症を乗り越えて復活した芸人・ハウス加賀谷が語る”お笑いの意味”

お笑いコンビ「松本ハウス」のハウス加賀谷さん

 NHK Eテレでは、ことし4月6日から、『バリバラ~障害者情報バラエティー~』が放送されている。公式サイトに「これまでタブー視されていた障害者の性やお笑いのジャンルにも果敢に切り込みます」とある通り、”バラエティーを通してバリアフリーを考える”を番組のコンセプトとしている。人道的に見れば、障害者を笑い物にすることは決して許されることではない。しかし、番組に出演している障害者たちの”笑われる”のではなく”笑わせたい”という情熱は、テレビを通して伝わってくるものがある。

 この『バリバラ』に、プロのお笑い芸人が自らの障害をカミングアウトして出演している。お笑いコンビ「松本ハウス」のハウス加賀谷さんだ。1990年代の『ボキャブラ天国』(フジテレビ系列)では、「汚れなき壊れ屋」として、異常なまでのハイテンションを売りにして活躍した。しかし、”ボキャブラブーム”の終焉とは無縁に、彼らは表舞台から姿を消した。その理由は、ハウス加賀谷さんが、精神疾患の一つである統合失調症を発病したからだ。

 障害者と”お笑い”。一見すれば相反するものに見える。健常者は、つい障害者を腫れ物のように扱ってしまう。憐れみを受けたら笑ってもらうことが不利になるお笑いの世界で、ハウス加賀谷さんは自らの病名をカミングアウトして舞台に立っている。彼にとって、あるいは障害者にとって、人を笑わせることの意味とはなんだろうか。10年近くの治療を経てお笑いに戻ってきたハウス加賀谷さんに、その心中を聞いた。

(聞き手:ハギワラマサヒト)

■”自分の臭いに対する恐怖”で学校へ行けなかった

――”統合失調症”を発症された経緯を教えていただけますか?

 病院で統合失調症と病名が付けられたのは25歳のころ(1999年)ですが、中学校に入った頃から幻聴が聞こえていました。小学生まで明るい性格だったのに、中学生になったらガコーンと暗くなっちゃって・・・。

 中学3年の三者面談のとき、先生に「将来、何になりたいんだ?」と聞かれて、「ホームレスです」と答えました。本気でした。世の中がもう嫌になっていて、「今ある社会は、自分がいてはいけないところだ」と思っていました。社会に適合できないし、逃げたいと真剣に思っていました。

――ほかにはどういう症状があらわれたんでしょうか?

 ”自己臭恐怖”ですね。例えば、こうして話していると、「きっと僕が臭いから眼鏡をかけているんだろう」と訳の分からないことまで考えていたんです(注:筆者は眼鏡をかけている)。自分の臭いに対する恐怖がありました。

 だから、学校へ行っても自分の居場所を見つけられませんでした。親が心配して、最初は針灸院へ連れて行かれました。次は神経科に行って、最終的に児童・思春期精神科というところで薬を貰いました。

 その後、高校に進学したけれど、万事そんな感じですから、ほとんど通うことができません。それで、芸名の由来ともなった「ハウス」に入ったんです。

■お笑いは初めて認めて貰えた”居場所”

――「ハウス」とは、どういうところでしょうか?

 グループホームといって、病気や障害などで社会に馴染めない人たちが、集団生活を通じて社会復帰を目指す施設です。中学の頃も入所を誘われていたんですが、当時子どもだった僕は、そんなところ嫌だと思っていて「僕なら大丈夫だから」と頑なに入所を拒否していました。

 とうとう16歳でハウスに入所しました。言い方は悪いですが、堕ちも堕ちたりという感じでした。それで自分の好きなことやろうと思い、子どもの頃から好きだったラジオを聞いて過ごしました。ビートたけしさんの『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)の最終回を聞きながら、「漫才師って素敵だなぁ」と、その時思いました。

――そこには、どれくらいの期間いたんですか?

 最初に、3ヶ月くらいで出られると聞いていたんですが、「ハウス」の皆と仲良くなって、結局2年間暮らしました。環境が変わったせいもあってか、そのころには幻聴は聞こえなくなっていました。

――『ボキャブラ天国』で活躍されていた頃は、症状は落ち着いていたということですか?

 うーん・・・。カッコつけるわけじゃないけど、闘っていましたね。今は朝、夕と決められた量の薬を一包ずつ飲むんですけど、当時は病院からシートで薬を貰っていまして、忙しくなったり、辛くなったら飲んでいました。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。