ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【日曜版】『ノウイング』は予告編+妄想でOK【ネタバレあるかも】

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
knowing

『ノウイング』は、A級B級なんでもござれでお馴染みニコラス・ケイジ主演のディザスター風味のサスペンス映画みたいな感じです。

50年前のタイムカプセルから出てくる数字が羅列された謎のメモ。なんとその数字は、起きていた、そしてこれから起きる惨事を予知していたモノだったのだ! とかそういう導入なのですが、これだけを見ると、出世作「シックス・センス」以降ロクな作品を作っていないけど何故か配給会社はプッシュするシャマラン映画を思い出させますね。確かにちょっとそんな雰囲気もただよう導入シーンなのです。

しかしその後、『ノウイング』は物語が進むにつれ、大きく舵を切っていきます。中盤以降は古今東西のディザスタームービーを彷彿とさせる大カタストロフィ! と思ったらそうでもなくて、実は見せ場の惨事シーンは全部(マジで全部)予告編で見せられてるのであんなもんで、終盤にいたっては「X-FILES」から一気に「A.I.」に雪崩れ込んで行く怒濤の展開です。

SFで禁断の技に「夢落ち」というのがありますが、それと同じくらい許されない(許したくない)のが、無茶な謎や伏線は全部「アレ」に背負わせる系の映画です。「まさかアレで落とす気じゃないよね?」っていう予想が逆の意味で当たった時の悲劇と言ったらそれはもう悲しいやらビックリやらですね。

人それぞれでしょうが、このテの大風呂敷映画を愉しむコツは、その広げに広げた風呂敷をどう畳むのかをワクテカしながら妄想することです。その妄想をなかなか超える締め方をしてくれる作品は決して多くなく、「シックス・センス」が名作と言われる所以は、その締め方の秀逸さとに他ならないわけです。

んじゃ『ノウイング』はどうよ?と聞かれると、まぁある意味(そして悪い予想が当たるって方向で)予想通りなわけで、見る前のワクワク感が幸せな映画、見た後の脱力感がしびれる映画、そんな昔の角川映画を思い出させる作品だったのです。

■ノウイング
監督・アレックス・プロヤス
製作・アレックス・プロヤス他
原案・ライン・ダグラス・ピアーソン
脚本・アレックス・プロヤス他
主演・ニコラス・ケイジ
上映時間・122分
配給・東宝東和
2009年7月10日より全国にて公開
公式サイト http://knowing.jp/
(C) 2009 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
maxspeedの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。