体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンプガチャは何が問題なの?

コンプガチャは何が問題なの?

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

コンプガチャは何が問題なの?

「ソーシャルゲームの「ガチャ」の怖さがわかる『カードコンプシミュレーター』 46万円でコンプ!」2012年02月11日『ガジェット通信』
http://getnews.jp/archives/168116

「ケータイゲームに横たわる問題(2)」2012年4月9日『Yahoo! JAPAN』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120409-00000080-zdn_m-mobi

どうもイマイチなにが“問題”なのか俺には理解できないんだよなぁ。上記の記事では全部のカードを集めるのに46万円という大金がかかると言う。

でもさ、これって1億円の宝くじを当てるのに、いくらかかるか? を計算するのと同じじゃないの? たぶん1億円以上かかるだろう(笑)。で、「1億円の宝くじを当てるのに1億円以上かかる! なんて恐ろしいんだ!」と騒ぐのと、なにか本質的に違うの? と俺は思ってしまうのだが。

ようするに宝くじにせよコンプガチャにせよ、絶対当てようとすると非現実的なのが“運良く”当たるから嬉しいのであって、ギャンブルの面白さというのはそういうものだろう? 割に合わないものが当たるから嬉しいわけだ。

 * * * * *

普通のガチャはOKでコンプガチャはダメだというのも理論的でない。すべて確率で計算できるのだから、そろえるのが10枚のカードだろうが、1枚のカードだろうが、そろえる難易度つまり必要な金額はあくまで計算で求まる値でしかない。

そこそこの確率で出る10枚のカードをそろえるのと、ものすごく低い確率でしか出ない1枚のカードをそろえるのとは、理論的には何も違いはないわけだ。それなのに10枚そろえるのはダメで、1枚そろえるのはOKというのは、何が違うのだろう。

まあ人間に「あと少しで集まる」「ここまでそろえたんだから後に引けない」と錯覚させるというのはあるだろう。実際は10枚のうち最後の1枚を引き当てる難易度が跳ね上がるので、ぜんぜん“あと少し”でも“あとに引けない”でもないのだが。つまり9枚揃えたところで、まだ富士山の登山口に立った程度でしかない(苦笑)。

 * * * * *

でもそういう“勘違い”をさせるのがけしからんというのは、あまりにあまりじゃなかろうか。100枚ぐらい買えば1億円の宝くじを当てられそうと勘違いする人間がいたからといって、宝くじが悪質なことになるだろうか。

勘違いしている人間には、教えてあげればいいのだし、教えなくても遠からず身をもって知るわけで、そういう“実績”が社会に蓄積されていけば、勘違いしてのめり込む人間は減るだろう。それでもハマる人間はいるかもしれないが、そんなのは社会全体から見て無視できるぐらいの人数のはず。

1億円の宝くじを絶対当てようと必死になる人間がいたら、それはただの馬鹿だろう。そのために破産した人間が出たとしても、同情する人間はいないだろう。コンプガチャも同じなのだ。もし絶対カードをゲットしようと本当に46万円も使って破産した人間が出たとしても、それはその人間がただの馬鹿というに過ぎない。

 * * * * *

宝くじだって本気で当てようとしている人間などおらず、「もしかしたら当たるかも」という感覚を楽しんでいるわけだ。コンプガチャも「3枚たまった。うれしい」みたいに、そういう感覚を楽しむものだろう。
それができず、のめり込んで痛い目にあった人間が出たとしても、問題視するほうがおかしい。なんだって常軌を逸した行動に出れば破滅するのは当たり前。

……俺はそう思うけどねぇ。まあ、基本的に俺はこういう考え方なので馬鹿らしくてギャンブルなど一切やらないのだが、競馬も株も(笑)、やる人間はリスクを計算のうえで楽しんでるんだと、思うんだけどねぇ。違うのかしらん。

グルーポンもそうだったけど、目新しいから社会全体として耐性ができてないだけで、時間が経てばどの程度のリスクがあるかが周知され、適切に楽しめるようになると思うんだけどね。もちろん常軌を逸脱した行動に出る人間はゼロにはならないだろうが、それは競馬や株も同じこと。

 * * * * *

そういうリスクは個人が学習すべきだし、あるいは親が子どもの行動に責任を持つべきで、何でもかんでも国家が取り締まれというのは、個人や親の責任放棄としか思えん。どんな馬鹿な人間でも安全・安心して暮らせる社会って……うれしいの?

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会