体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

RAM RIDERとラム肉を食べながらインタビューをしてみた!

ラムライダーさんとラム肉

今年アーティスト活動10周年を迎えるRAM RIDERが、4月11日に2枚のアルバムを同時リリースした。中川翔子、ORANGE RANGE、野宮真貴、MEGなど豪華ボーカリストが参加するフィーチャリングボーカルアルバムと自身がボーカルをとるオリジナルアルバムを発表し、話題となっている。

更に5月からはライブツアーをスタートさせ、日本のエレクトロポップ、ハウスミュージックを盛り上げる。そんなRAM RIDERの魅力を掘り下げるべく、ラム肉を食べながらRAM RIDERにインタビューしてみた。アルバムジャケットの撮影を行った関和亮氏も聞き手として参加し、PC遍歴から、映像へのこだわりまで多くを語ってくれた。

RAM RIDER「AUDIO GALAXY - RAM RIDER vs STARS!!! -

-アルバムリリースおめでとうございます。今回のアルバムは2枚同時リリースとのことですが、そもそものいきさつを聞かせてください。

RAM RIDER(以下、ラム):
元々自分のアルバムでは自分で歌っていたんですよ。以前から普通に曲を作ってライブをやってと活動していたのですが、ただ自分のアルバムを出した後の期間って、プロデュースとかリミックスとか、他のアーティストの方の仕事を結構長くやっていました。ありがたいことに、そちらの楽曲もいい評価をいただいていて、今回自分のアルバムを出そうっていうときに、周りの人にフィーチャリングアルバムで、普段プロデュースでやってるようなものを自分のコンセプトで固めて出したほうがいいんじゃないかと言われたんですよ。

個人的には、また自分で歌うアルバムを作りたかったし、プロデュース業は個人のアーティスト活動とは別で切り替えてやってきていたので、どっちにするか自分の中では決めきれなくなってかなり悩んだあげく、もうそれだったら2枚同時にやらせてくださいということで、自分の歌う方とボーカルフィーチャリングのと同時に出させていただくことになりました。


関和亮(以下、関):
すごいことですよね。

ラム:嫌なことを我慢していれば、いつか自分のやりたいことができるっていう考え方はちょっと違うなって思っていて、あとやりたいことだけを貫くっていうのも、今の時代にはちょっと合わないなって。それだったら、自分のやりたいことと、まわりの要求することを両方いっぺんに、ダーッっとやっていくしかもうないんじゃないかなって思って。

実際それがやりたくなかったわけではないんで、両方楽しみながら作りました。

NAO☆(Addy)

関:すんなりと2枚同時リリースが決まっていったわけですね。

ラム:そうですね。2枚同時にだからこそやりましょうと言ってもらえて。そこで僕もスイッチ入って、せっかくなら僕がホント好きな人に参加してもらいたいと、割と無茶なボーカル参加者の希望リストを出したんですね。この人達が参加してくれなきゃ嫌だ! くらいの勢いで(笑)。

そうしたらですね、スタッフの皆さんが全部交渉して頑張ってくれて、ほとんど全員の方からOKをもらったんですよ!これはもう手は抜けないぞ(笑)ということで、がんばって作りました。

1 2 3次のページ
周二郎の記事一覧をみる

記者:

音楽や写真や映像やコトバをあなたに届けます。 ガジェット女子担当(http://girls.getnews.jp/) 写真の撮影依頼承ります。

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。