体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】JUNHO (From 2PM)『想像』が33,840枚を売り上げ現在首位 miwaベスト、三浦大知最新作が続く

【先ヨミ】JUNHO (From 2PM)『想像』が33,840枚を売り上げ現在首位 miwaベスト、三浦大知最新作が続く
 今週のCDアルバム売上レポートから2018年7月9日~7月11日の集計が明らかとなり、JUNHO (From 2PM)『想像』が33,840枚を売り上げて首位を走っている。

 JUNHO (From 2PM)にとって7枚目のミニアルバムとなった本作は、今年1月に発売された前ミニアルバム『Winter Sleep』の初動3日間の売上15,478枚を倍以上上回る33,840枚を売り上げている。

 続いて、miwaの初ベスト『miwa THE BEST』が19,921枚を売り上げ2位。デビュー曲「don’t cry anymore」から最新曲「アップデート」まで、歴代シングルの表題曲と、未発表の新曲など全31曲が収録されている。

 3位は、13,329枚を売り上げた三浦大知『球体』。本作は、Nao’ymtが全曲のプロデュースを担当。三浦大知初のコンセプチュアルアルバムとなっている。4位には、宇多田ヒカル『初恋』がリリース3週目前半も速報TOP5入り。その後を雨宮天の2ndアルバム『The Only BLUE』が追う形となっている。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(集計期間:2018年7月9日~7月11日)
1位『想像』JUNHO (From 2PM) 33,840枚
2位『miwa THE BEST』miwa 19,921枚
3位『球体』三浦大知 13,329枚
4位『初恋』宇多田ヒカル 12,779枚
5位『The Only BLUE』雨宮天 6,331枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

JUNHO (From 2PM)、摩訶不思議な新曲「想像」ミュージックビデオ解禁
JUNHO(From 2PM)、ソロ作品『想像』7月リリース! 発売記念イベント&アリーナ公演ファイナルも決定
miwa、ベストALの歌詞やロゴに反応するARアプリをリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。