体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大好きな母に愛されなかった少年の切なく強い実話 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』11月16日公開決定

%e3%80%8c%e6%af%8d%e5%83%95%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%91

親からも友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母から愛をつかみ取るまでの奇跡の実話。同名書籍を映画化した『母さんがどんなに僕を嫌いでも』が11月16日に公開となります。

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab

【ストーリー】タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母、光子(吉田羊)に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられた。耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母と向き合う覚悟をする。大人になっても自分を拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために立ち向かっていく。

原作は、漫画家・小説家の歌川たいじさんの体験談。切なく、辛くもどこまでも温かい愛に包まれたこの本に、糸井重里氏から「心臓が、なんどもぎゅうっとなった。」と絶賛コメントが寄せられ、多くの読者の心を打ち、瞬く間に話題作となりました。

%e3%80%8c%e6%af%8d%e5%83%95%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%92 %e3%80%8c%e6%af%8d%e5%83%95%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%95

主人公のタイジを演じるのは、若手俳優のなかでも高い演技力を誇る太賀さん。母を演じる実力派女優の吉田羊さんは、さわやかなイメージを覆すほどの鬼気迫る熱演を披露。共演には森崎ウィンさん、白石隼也さん、秋月三佳さんのフレッシュな顔ぶれに加え、木野花さんら実力派が脇を固めます。

%e3%80%8c%e6%af%8d%e5%83%95%e3%80%8d%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

この度解禁された場面写真は、実話である本作の物語に真摯に向き合ったキャストたちの真剣な表情を感じさせるものばかり。今にも泣きそうな表情を母に向けるタイジと、ツンとした表情をたたえる母を映した写真は、印象的なタイトルを象徴する一枚となっています。

http://hahaboku-movie.jp

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」今秋全国公開 | 歌川たいじさんのブログ
http://utagawataiji.blog.jp/archives/7670520.html [リンク]

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。